シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

Q&Aコーナー


小さい頃から感情を一切出すことなく、頑張ってきた甥が、心配です

(質問)
私の実の妹と、その息子(中学2年)のことで相談です。
妹は統合失調症と診断され、現在は母と3人で暮らしています。 妹はこれまで甥に、「おまえを生まなければよかった」などと言って いたこともあったようです。
そんな状況ですが、甥も成長し、最近は、学校の部活や勉強など悩み があるようです。小さい頃から、自分の感情は一切出すことなく頑張っ てきた子なので、私から見るとよけいに心配です。
甥が心を開き、感情をぶつけてくれるようにするには、どう対応して いったらよいのでしょうか。
また、精神科受診はどのような時にすべきか、教えていただきたいと 思います。

(答え)
妹さんもその息子さんも、大変な状況の中で、これまでよく生きてこられたと思います。
母親として子どもに、「おまえを生まなければよかった」という言葉は、決して言ってはいけない言葉ですが、そう言わずにおれないくらい、妹さんは苦しかったのだと思います。

ただ甥御さんも、いろいろと傷ついた部分はあるでしょうし、自分の気持ちをうまく出せない子なのだと思います。
あなたがおっしゃるとおり、いろいろな感情を心に押し込めて生きてきたことは間違いないと思います。

ただそういうことを出せる時期と、そうでない時があります。
伯母として、
「最近どうしてる?」
「学校楽しい?」
など、あまりしつこくない程度に、時々声をかけていくと、ふだんは「別に」という感じでしょうが、本当につらい時には少しずつ話してくれるのではないかと思います。

あるいは、腹痛や頭痛などの身体症状が出てきたり、感情が不安定になったりした時を見計らって、スクールカウンセラーなどにつなげる方法もあります。

子どもは傷つきやすいと同時に、「レジリエンス」といって、逆境を乗り越える力も持っています。
何らかの症状が出るまでは、時々声をかける程度でいいと思います。

何より、あなたのように気にかけて見守ってくれている人が身近にいることが、彼にとっていちばん幸せなことではないでしょうか。