シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

Q&Aコーナー


中学生の娘が反抗的で、最近、家で挨拶もしなくなりました

(質問)
中学生の娘がいます。今では素直だったのですが、最近、挨拶もあまりしなくなり、私が 「挨拶は?」と聞くと、ムッとした表情で、「したよ」と言います。
礼儀面など気づいた点は、1つ1つ注意をしたほうがよいと思いますが、口やかましく言うと、ますます反抗的になるのではないかと心配です。
どのように接してゆけばいいでしょうか。

(答え)
小学校高学年以降、思春期に入ると、子どもは、反抗や、親への批判、激しい場合は、攻撃という行動を取ってきます。
まず、大切なことは、この時期に、反抗や批判をしてくる、ということは、自立がうまく進んでいる、ということで、基本的には、今までの子育てが間違っていなかった、ということです。
「どうしてこんなに反抗するのか」「こんな子に育てた覚えはない」と、親は言いますが、ちゃんと育ててきたから、反抗するようになったのです。
反抗しだしたことを、心配するのではなく、喜んでほしいのです。自己主張や反抗を、単に、わがままと決めつけて、否定しないでほしいのです。
われわれ医者の立場からすると、思春期に、まったく反抗しない子の方が、心配です。

その上で、お尋ねのお子さんの場合は、こちらから「挨拶は?」と聞くより
も、こちらから、挨拶をしていく。挨拶が返ってこない、あるいは小さくても、あまりやかましく注意しない。
思春期の子にあまりしつこく言うと、うるさがられるだけで、効果がないばかりか、よけいコミュニケーションを断絶させてしまうことになりかねません。
部活などでは挨拶しているかもしれませんし、家では挨拶しない子でも、バイトなどでは、ちゃんと挨拶していることもあります。
礼儀面は、どうしても気になることだけ簡潔に注意して、あとは、ちょっと離れて見守るくらいが、ちょうどではないかと思います。