シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

Q&Aコーナー


自己中心的な言動が心配です

(質問)
子どもはもうすぐ2歳半になります。
とても自己中心的で、例えば、自分が遊んだおもちゃは、他の子には 遊ばせたくないのです。また、自分のおもちゃで、他の子と一緒に遊 ぶのも嫌なんです。
どうやって子どもに、人に貸してあげたり、人とシェアをしたりする 習慣を育てることができるのでしょうか。

(答え)
結論からいうと、これは2歳児のごくごく普通の行動です。

2歳になると、自己主張の気持ちが強くなってきますが、まだ他人の事情を配慮することができません。その結果、自己中心的、わがままな言動になって
出てくるのです。

もちろん、人の物を借りる時は「貸して」と言うんだよ、とか、自分が遊んだ後は、人に譲ることとか、一つ一つ教えていかねばなりませんが、2歳児で
はまだそれがうまくできません。

ですから、この時期に、自己中心的な行動に出るのは、普通なのです。
むしろ、この時期に大切なのは、自己を主張する、ということなので、ちゃんと2歳児の発達課題をクリアしている、順調に育っているといえます。

自己を主張すると、必ず他人とぶつかります。時にはけんかにもなるでしょう。
その中で、自分と同じように、他人にも、欲しがる気持ちがあることを学び、どうやったら仲良くできるか、いろんな経験を積む中で、4歳、5歳となるにつれて、少しずつルールや思いやりを学んでいくのです。