シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

Q&Aコーナー


お兄ちゃんに、かみついたりします

(質問)
1歳になったばかりの男女のふたごです。2人はとてもいたずら好きです。
特に娘は、お兄ちゃんのこと大好きですが、お兄ちゃんにかみついたりするので、お兄ちゃんは傷だらけになります。それに、ご飯もちゃんと食べず、多動です。
娘がいたずらすると、私は時々我慢できなくて、叱ったり、軽くなぐったりしてしまうのですが、やはりよくないことでしょうか?

?(答え)
1歳を過ぎたころになると、外界への好奇心や、イタズラ心が極めて活発になってきます。じっとしていない、ごはんを思うように食べないなど、ついイライラしてしまうのも無理はありません。

この時期に大切なのは、叱るというより、状況を言葉で説明することです。
「そんなことしたら、イタイ、イタイだよ」「危ないからナイナイしようね」などです。
とはいっても、ふたごのお兄ちゃんが一方的にやられているときは、やはり止めざるをえないことがあります。
そのときに大切なのは、片方を叱ったり、かばったりするのではなく、とりあえず、2人を引き離す、ということだと思います。

娘さんの場合は、お兄ちゃんのことが大好き、ということですから、かまってほしい気持ちを、かみつく、ということで表現しようとしているのだと思います。
まだ、言葉でじゅうぶん自分の気持ちを表現できないために、そのような行動に出るのだと思いますから、そういう時は、抱き上げて、「そうか、かまってほしかったんだね。よしよし。でも、かみつくのはよくないよ」と繰り返し諭していくことが大切です。
子どもの気持ちをくんで、言葉にして返していくことで、子どもは自分の気持ちを表現する言葉を学んでいくのです。

なお、悪いと分からせるために、たたく、ということは、しないほうがよいです。そうすると、嫌な時は、たたいてもいいんだ、と逆に学習してしまうからです。
また、「たたかれるのが怖いからやらない」のは、本当にルールが身についたのとは違います。確かに、ガツンと叱れば、子どもは言うことを聞くので手っ取り早いですが、その弊害も無視することはできないのです。