シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

日本海新聞1面コラム欄に『子育てハッピーアドバイス 妊娠・出産・赤ちゃんの巻』が取り上げられました
2011年12月12日

日本海新聞12月11日(日)の1面コラム「海潮音」に、『子育てハッピーアドバイス 妊娠・出産・赤ちゃんの巻』が取り上げられました。

?

(全文)
 来年は辰年だが、タツノオトシゴは雄が出産するらしい。実際には雌が産んだ卵を雄が腹部にある育児嚢という袋で育て、稚魚になるまで守るのだが、雄の腹から小さなタツノオトシゴが次々に飛び出す光景はまさに神秘。元祖イクメンだ◆400万部を超える人気育児書「子育てハッピーアドバイス」シリーズの新刊「妊娠・出産・赤ちゃんの巻」(1万年堂出版)を読んだ。安心して出産・育児を迎えられるヒントが漫画と平易な文章で楽しくまとめられている◆著者は小児科医であり産婦人科医でもある吉崎達郎さんと、心療内科医・子育てカウンセラーの明橋大二さん。幸せな子どもを育てるために何が一番大切かもズバリ教えてくれる◆それは「自己肯定感」。自分は大切な存在だ、自分は自分でいいんだという気持ちが幸せな人生への一歩と説く。だが今の日本、出産に向かう親世代もこの自己肯定感が弱い。まずは親になるにあたって「自分をほめる練習」も必要だ◆師走が駆け抜けていく。1年を振り返れば多くの出会いと別れがあった。これほど命の尊さについて考えさせられる年はなかった。人と人、家族や地域との絆の大切さも。愛情深いタツノオトシゴの姿も見習いながら、幸せな新年を待ちたい。