シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

Q&Aコーナー


HSPについて教えてください

HSPとは、Highly Sensitive Personのことで、直訳すると、「とても敏感な人」です。
同じ刺激を受けても、他の人より強く反応してしまう。ちょっとしたことにもすぐに動揺してしまう。そのため「神経質」「臆病」「引っ込み思案」「弱虫」というレッテルを張られることがありますが、決して性格的な欠陥ではなく、ある種の人間のタイプ、資質を指します。
したがって、HSPには、マイナス面ばかりではなく、プラスの面もたくさんあります。

HSPの特徴は次のようなものがあります。

1.自分を取り巻く環境の微妙な変化によく気づくほうだ
2.他人の気分に左右される
3.痛みにとても敏感である
4.忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、
  刺激から逃れられる場所に引きこもりたくなる
5.カフェインに敏感に反応する
6.明るい光や強いにおい、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
7.豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい
8.騒音に悩まされやすい
9.美術や音楽に深く心動かされる
10.とても良心的である
11.すぐにびっくりする(仰天する)
12.短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
13.人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になれるかすぐに気づく
   (例えば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
14.一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
15.ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける
16.暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
17.あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
18.空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応がおこる
19.生活に変化があると混乱する
20.デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
21.動揺するような状況を避けることを、ふだんの生活で最優先している
22.仕事をする時、競争させられたり、観察されたりしていると、緊張し、
   いつもの実力を発揮できなくなる
23.子どものころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた
 
いかがですか。
12個以上に「はい」と答えた人は、HSPとされます。一説には、人口の20%が、HSPともいわれます。

HSPの人は、このような特徴があるために、集団場面や人間関係の中で、往々にして傷つくことになります。
ところが相手(たいていHSPではない人)にとっては、傷つけた覚えがないために、「傷ついた」と主張すると、「それはおまえが弱いからだ」「わがままだ」「被害妄想だ」と逆に責められることになります。
そうすると、HSPの人はとても良心的であるために、「自分が悪いのだろうか」「自分が弱いからだろうか」と自分を責め、どんどん落ち込んでしまう、ということになるのです。

不登校や摂食障害、うつや心身症、不安障害、パニック障害に悩む人の中には、こういうタイプの人が多いです。
これは繰り返しますが、決して性格的な欠陥ではなく、ある種の人間のタイプです。そして現代は、このような敏感な人が増えてきているような気がします。

以下に、HSPの人と接する時に大切なことをいつくか述べます。

1)その人がHSPであると知り、それを肯定的に評価すること。否定的に見ない。

(HSPの人は、慎重さ、正確さ、速さ、小さな違いを見つけることが必要とされる仕事が得意。良心的である)

2)その人にとって、丁度よい刺激の強さを知る。
  特に、暴力、暴言、騒音、いたずらなどが、致命的なダメージを与えることがある。

3)じゅうぶんな安心感を提供する。

4)無理をさせない。指示、命令で無理強いしない。
  その人のペースを尊重する。

HSPの人は、子どものささいな変化にも気づけるために、子育てに向いているともいえます。
さまざまなことを敏感に察知するために、ストレスをためやすく、疲れもたまり、ついついキレてしまうことにもなりますが、それは決してその人の欠陥ではなく、長所の裏返しであることを知ってもらいたいと思います。

そして、これからのメンタルヘルスで大切なことは、このようなHSPといわれる人が、世の中には相当数いることを知り、そういう人にとっても生きやすい世の中を作っていくことではないかと思います。

*参考図書:『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』
 (エレイン・N・アーロン著、冨田香里訳、講談社、平成12年)