シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

Q&Aコーナー


夫が、家のことで、なかなか動いてくれません。どのように声をかけるのがよいでしょうか

夫にものを頼む時のポイントを2つご紹介します。
一つは、YOUメッセージでなく、Iメッセージで伝える、ということです。

例えば、子どもが泣き出して、おむつを替えないといけないのに、テレビを見ている夫は、家事で手が離せない私に「オーイ、子どもが泣いてるぞー!」と言うだけ。
こんな時、もちろん本来は、夫が動いて、自分でおむつを替えに行くべきなのですが、そういう夫でない場合、どう声をかけるか。

「(あなたは)どうしておむつ替えてくれないの!」というような、「あなたは○○」という決めつけた言い方は、相手もカチンとくる場合がある。
「(私は)おむつ替えてくれると、とっても助かるんだけどー」と、「私は助かる」「私はうれしい」という形で伝えると、まだ伝わりやすい。

さらに「私は」の部分に、子どもを入れるとよい。
「子どもが、お父さん、おむつ替えてーって言ってるみたいよー」。
妻に頼まれるよりも、子どもが求めている、となると、動く人もいるかもしれません。

もう一つは、やってほしいことを具体的に伝える、ということです。
男の人は、言わなければ分からない人が多い。だから、やってほしいことを遠慮せず、具体的に言う。
「お父さん、子ども泣いてるわよ。早く!」とだけ言っても、ピンとこない父親が多い。そういう場合は、言わないと分からないんだと思って、「おむつ替えてほしいの」と言う。
あるいは、おむつがどこにあって、どう替えたらいいか分からない、でも今さら「どうやってするの?」と聞くと、よけい怒られそう、だから無視する、という男の人もあるかもしれません。そういう時は、具体的に手順まで教える。

男の人が動かない原因の一つに、どうしたらいいか、今さら聞けない、という気持ちもあるようです。