シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

特集記事

【メールマガジン バックナンバー】

バックナンバー一覧へ
HSCについて校長先生に理解してもらえません
            

こんにちは。ナビゲーターのりんこです。

ついに500号です(*^ワ^*)
私がこのメールマガジンで小さなコラムを書
くようになったのは、上の子が1歳の時。
それ以来ずっとメルマガに携わってきました。
すっかり先輩ママ、と思っていますが、1歳
でも年上の子を持つママから見れば、後輩マ
マです。

経験したことのない未来には、不安がつきま
といます。
読者の皆さんの心が軽くなりますように、子
育てが少しでも楽になりますように…
そう願って、明橋先生のアドバイスを、これ
からもお届けしていきたいと思います。

それでは、今日も明橋先生のQ&Aからお届
けします。

明橋大二先生の
親子でホッとする子育て教室【500号】

もくじ

◆子育て相談室Q&A
 HSCについて、明橋先生の本を読んでもら
いましたが、校長先生になかなか分かっても
らえません
◆ホッとひろば
 お便りありがとうございました♪
◆ホッとインフォメーション
・新刊『HSCの育て方Q&A』全国の書店に
並びました!
・『ハッピースクール開校!』第1話を公開し
ました
 

子育て相談室Q&A
【質問】
5年生の子どもは、『HSCの子育てハッピ―
アドバイス』を読んだ時に、「これ、俺だよ!
学校の先生全員に読んでほしい!」と言いま
した。

本の中の「学校の先生のために」のページを
コピーしたり、保健室にも本を置かせてもらっ
たりして、先生方に読んでいただけるように
したところ、学校の空気が柔らかくなって、
担任の先生も変わってくださり、子どもは毎
日学校に通えるようになりました。
この本がなければ、子どもはまだ理解されず、
通うのは難しかったと思います。

ところが、本を読んだ学校長が「本には病気
ではないと書いてありますがね…」とか「こ
ういうことは医療とやるもんです」などと面
談で話し、とてもがっかりしました。
何とか理解してもらいたいと思うのですが、
どうしたらよいでしょうか?

【答え】
すでに本を読まれたうえでの、このリアクショ
ンですから、なかなか理解の難しい校長先生
なのだと思います。

先生にもいろいろな人がいて、すぐに分かっ
てくれる人もあれば、なかなか理解できない
人もあります。

そしてなかなか理解できない人は、例えば医
者が言葉を尽くして説明したとしても、理解
しないことが多いです。

そういう人は、残念ながらすぐに変えること
は難しいので、今は「そういう人なんだ」と
あきらめて、一人でも理解できる人を増やし
ていく、ということだと思います。

幸い、担任の先生が理解してくれているとい
うことで、それは本当によかったと思います。

そういう人が周りに増えてくれば、今回の校
長先生のような人も、動かざるをえなくなっ
てくると思います。

ホッとひろば

500号を迎えるに当たり、読者の皆様からた
くさんのお便りを頂きました。ありがとうご
ざいました!
今日は、頂いたメールの中から、2名の方を
ご紹介します。

今回(499号)のメールマガジンは、今まで
で一番胸に来て涙が出てしまいました。なぜ
ならば、自己否定感をどうしたら克服できる
かのアドバイスだったからです。

私の父母は似たもの夫婦で、どちらも家庭環
境に恵まれず、自己否定感の強い両親でした。
ネガティブをそのまま形にしたような、私よ
りもつらい人生を生きてきた両親が、そんな
中でも両親なりに一生懸命に私達を育ててく
れたことを想うと、なかなか愚痴をこぼす気
持ちにはなれないのが正直なところでした。
しかし、今回のメールマガジンを読んで、亡
くなった親を想い、「私もとてもつらかった」
ということを、母の写真を前に話をしてみよ
うという気持ちになりました。

折檻されたこともありますが、それでも私は
今連鎖を止めて子どもを虐待せずにいる、そ
のことに誇りを持ち、自分をほめてあげよう
と思ってもいます。
ただ居るだけで自信がなくて悲しくなる時が
多いけど、それでも毎日笑えること、こんな
私にも話を聞いてくれる友人がたくさんいる
こと、頑張ったところ、いいところ、自分を
ほめて、1カ月先のほめノートを振りかえっ
てみたいと思いました。

500号おめでとうございます。
私が明橋先生に出会ったのは、地域の子育て
講演会に来てくださって、お話を聴かせてい
ただいた時です。
長男が、生まれたばかりの次男に意地悪をす
るのに困っていた時だったと思うので、もう
10年くらい前でしょうか。
講演会でのお話やメルマガは、本当に目から
ウロコで、私の子育ては明橋先生に救われた
といっても過言ではありません。

子どもたちにどう接していいか分からなくなっ
てしまった時、悩んだ時は『子育てハッピー
アドバイス』を読んで、そうだった、と思い
出して元気をもらってきました。
友達や妹にも勧めました。主人にも『忙しい
パパのための子育てハッピーアドバイス』を
読んでもらい、わが家の子育て論をよく話し
合ってきました。
子どもたちはもうすぐ中3、小6になります
が、メルマガは欠かさず読んで自分の心の糧
にしています。
これからも温かいメッセージを楽しみにして
います。

ホッとインフォメーション
新刊『HSCの育て方Q&A』全国の書店に並
びました!

ひといちばい敏感な子を持つ親御さんを対象
とした、明橋先生のHSCセミナーは、毎回大
きな反響を呼んでいます。
このたびの新刊『教えて、明橋先生! 何かほ
かの子と違う? HSCの育て方Q&A』
は、主に、
セミナー後半に行われる質疑応答の内容
をまとめたものです。

「はじめに」の一部をご紹介します。
HSCが皆、育てにくかったり、学校に行きづ
らかったりしているわけではありません。
HSCの割合は、5人に1人ですから、多くの
子どもたちは、それほど困ったこともなく、
成長していることも事実です。
しかし、中には、環境になじめず、つらい思
いをしている子どもも少なくありません。そ
ういう人たちには、ぜひ、このHSCのことを
知ってもらいたいと思い、このQ&A集を出
すことにしました。

HSCを知ることで、気持ちが楽になった、子
育てに希望がわいた、という人が、本当にた
くさんいるのです。
少しでも参考にしていただき、親子が笑顔に
なれる一助となれば幸いです。

ぜひお近くの書店で手に取ってごらんくださ
いね。


▲文教堂書店溝ノ口本店(神奈川県川崎市)

『ハッピースクール開校!』の第1話を公開
しました!

明橋先生が、小学生の悩みに答える新刊『ハッ
ピースクール開校! 友だち、勉強、家ぞく
のなやみ あけはし先生にきいてみよう』は、
3月下旬に発売予定です。

このたび、1問めのマンガを公開しました。
本には掲載されていない、親御さんへのアド
バイスも掲載されています。
ぜひチェックしてくださいね。

※画像をタップしてごらんください

ココロほっとLINE@好評配信中!友だち登
録してね♪

明橋大二先生のプロフィール
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
児童相談所嘱託医やNPO法人子どもの権利
支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防
止アドバイザーとして、子どもの問題に関わ
る。
ホームページ http://www.akehashi.com/