シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【自分の自己肯定感を高めることができません】
2019年2月14日

こんにちは。ナビゲーターのりんこです。

連休の最終日、子どもたちは朝からチョコ作りにいそしんでいました。
3種類のチョコ菓子を手際よく作り、午後、家の前に女子5人が集合。何やら相談事をしてから、チョコ配りの旅へ出発しました。
台所にはチョコまみれのボウルやタッパーが残され、冷蔵庫の中は、後日渡すと思われるチョコで占領されていました。
毎年恒例のやれやれ、です。

それでは、今日も明橋先生のQ&Aからお届けします。

明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室【498号】

もくじ

◆子育て相談室Q&A
 自己肯定感が低い親に育てられたために、自分の自己肯定感を高めることができません
◆今週の一言メッセージ
◆ホッとインフォメーション
 入学・入園準備にピッタリ!
 よい習慣が身につく絵本『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち』


子育て相談室Q&A

【質問】
自己肯定感が低い親に育てられ、自分の自己肯定感を高めることができません。
自分の子どもは大切に育てたいのに、うまくいかないことが多く、つらいです。

【答え】
こういう質問はたくさん寄せられていて、代表して質問くださって、本当にありがたいと思います。
まず、自己肯定感とは、皆さんよくご存じだとは思いますけど、自分は生きてる価値がある」「大切な存在だ」「生きてていいんだ」という気持ちのことです。
これが、心の成長のいちばんの土台になるものです。

この自己肯定感が低くなると、「どうせ自分なんか」とか「自分なんか生きてる価値がない」「いらない人間だ」と思ってしまう。そうすると、頑張ろうという気持ちも起きないし、自分を大事に思えない、人も大事に思えない、ということになるわけです。

自己肯定感を育てることは、子どもにとっても、大人にとっても、お年寄りにとっても、幸せに生きるために、すごく大事なことです
その大事な自己肯定感を、なかなか高めることができません、という質問です。
その理由として、自己肯定感が低い親に育てられたから、と言われています。

まず、自分がどういうふうに育てられたのか、ということにちゃんと気づかれているのは、本当に大事で、いいことだなと思うのですよね。

「子育てハッピーアドバイス」の感想でよくあるのは、最初は自分の子育て、つまり自分と子どもとの関係で読んでいたけれど、途中から、自分と親との関係で読んでいた、というものがとても多いです。

そして、親との関係で「子育てハッピーアドバイス」を読んだ人の、その後の感想が、また2つに分かれるのです。
1つは、私はまったくこの本のとおりに育てられた、改めて親に感謝しました、という感想です。
その一方で、自分はバツ(悪い例)ばっかりで育てられた、親にこの本を読んでほしかった、という感想もあるのです。
「30年前にこの本が出ていれば、自分はもっとまともな人間になれたのに」という感想も多いです。

いずれにせよ、自分が受けた子育てを振り返るのは大事なことです
『子育てハッピーアドバイス 妊娠・出産・赤ちゃんの巻』の中にも、私は、子どもを出産する前の心の準備として、「自分が受けた子育てを振り返ってみましょう」と書いています。

自分が愛情いっぱい育ててもらった場合は、育児書を読まなくても、自分の体の中で覚えているので、そのとおりにすれば育てられるのですけれども、「あんなことしてほしくなかった」とか「あの育て方はおかしかった」と感じる場合は、子育てを学ばなければいけないのですよね。
そうでないと、結局、自分の子どもにも同じことをしてしまうのです。

自己肯定感の低い人は、「自分が何に対しても自信がないのは、自分の性格が悪いからだ」と自分を責めているのですよね。
親は、大抵は「私は完璧にあなたを育てた」と言うわけです。
そう言われてしまうと、やっぱり自分がおかしいと思ってしまう。

だけど、「そんな完璧な子育てではなかった、むしろ間違っていた。だから自分が落ち込んだり、自信を失ったりしたのも、無理はなかったんだ。自分は決して悪くなかったんだ」と、もう一度自分を肯定し直すのです
そういう意味で、自分の受けた子育てを振り返るのは、とても大事なことだと思います。

※次週に続きます。

明橋先生の 今週の一言メッセージ

ホッとインフォメーション

●入学・入園準備にピッタリ!
 よい習慣が身につく絵本『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち』


明橋先生監修・太田知子さん作の『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち』は、小学1年生のりんごちゃんと一緒に、よい習慣が学べるマンガタイプの絵本です。

入園、入学を控え、「恥ずかしがり屋であいさつができない」「友達にやさしくできない」と心配されている親御さんもいらっしゃると思います。
この本で、「あいさつや返事、思いやりの心って大切なんだね」と教えてくれるのは、等身大のりんごちゃんです。そのためか、子どもたちの素直な心にすっと入っていくようです。

読者の皆様からの感想をご紹介します


◎かわいい絵に動物たち。マナーなど親がうるさく言うよりも、印象に残るようで、子どもも「りんごちゃんの本に書いてあった!とうれしそうに言っていました。シリーズでそろえたくなる本です。(埼玉県 37歳)

◎自分でじっくり読んで、心にすっと内容が届いていたようで、かれていたことを突然自ら実践したりするので、親のほうが驚いてしまうほどです。キャラクターもとてもかわいくて、親しみやすくてよかったです。(千葉県 5歳女の子のママ)

◎4月より小学生になります。娘の心の成長にとって、とてもよい内容の本だと思います。このシリーズは3巻まで持っており、とても気に入って読んでいま。何度もくり返し読んでいるのでうれしいです。(北海道 6歳女の子のママ)


ただいま5巻まで刊行中です♪

▲正文館書店 知立八ッ田店(愛知県知立市)



●1万年堂ライフからおすすめの記事
 
育児マンガ家 高野優さんの連載再スタート!
「ひとりになりたい」と思うのは子育て放棄!?:共感しすぎて日が暮れて~寝ても覚めてもHSPな高野優のマンガエッセイ(14)
※画像をタップしてごらんください



【なみの子育て奮闘記】2歳児コウの返事は「ない!」
※画像をタップしてごらんください

ココロほっとLINE@好評配信中!友だち登録してね♪

明橋大二先生のプロフィール

昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
児童相談所嘱託医やNPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止アドバイザーとして、子どもの問題に関わる。
ホームページ http://www.akehashi.com/