シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【長女をかわいく思えず、悩んでいます】
2019年1月24日

こんにちは。ナビゲーターのりんこです。

上の子は、職業体験で、ケアサポート施設に行くことになりました。
利用者の方と一緒にレクリエーションをしたり、リハビリの手伝いなどをしたりするそうです。
とってもいい経験になると思いますが、心配なのはインフルエンザ。
くれぐれも利用者の方にうつすことのないように、家でも予防を心掛けています。
全国的に流行していますので、皆さんも気をつけてくださいね。

それでは、今日も明橋先生のQ&Aからお届けします。

明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室【495号】

もくじ

◆子育て相談室Q&A
 ・長女をかわいく思えず、悩んでいます。
  どうしたら「大好き」という気持ちを持てますか?
◆今週の一言メッセージ
◆ホッとインフォメーション
 ・新刊「HSCの育て方Q&A」のタイトルが決定しました
 ・今年の花粉症対策は大丈夫?


子育て相談室Q&A

【質問】 
下に弟が生まれてから、長女をかわいく思えなくなってしまいました。
長女のやることなすことに、イラッとしてしまいます。
甘えて「抱っこ」と来られてもできません。怒鳴ってばかりで、虐待なのでは、と思うこともあり、私が育てるより、他の人にお願いしたほうがいいのではないか、と悩んでいます。
「大好き」「かわいい」という気持ちをまた持つには、どうしたらいいでしょうか。

【答え】 
こういう質問は、本当に多いです。
特に、上の子が長女で下の子が男の子、という時に、よくあるような気がします。

子どもにはそれぞれタイプがありますし、親も一つの性格を持っているわけですから、相性というものがあって、合う合わないということは、どうしてもあるんですよね

親であれば、母親であれば、子どもに平等に愛情かけてと当然と思われていますけれども、親も人間ですから、合わない子もあるし、なかなか愛情を注げないこともあるのです。

そういう場合に、私は次のようにアドバイスしています。

合う合わないはあるけれども、ちゃんとご飯作ったり洗濯したり、寝床を用意したりされているわけです。
おそらく、このお母さんも、上の子をかわいいと思えなくても、ちゃんとご飯作ったり、必要な世話はされていると思うのですよね。
それが、愛情というものです。
愛情というのはいろいろな形があって、このように「世話をする」というのも愛情の一つなんですよね。

また、この親御さんは、愛情を持てないことに、悩んでいて、苦しいとおっしゃっています。

何で苦しいと思うかというと、「これじゃいけない」と思うからです。
「愛情を注がなきゃ」と思っているからこそ、なかなかそうできなくて苦しむわけで、それだけ、上の子に心をかけているということです

これも、愛情以外の何ものでもないのです。
実は、ちゃんと愛情を注いでおられると、私は思います。

ですから、子どもの世話をやっていく、つまり衣食住の提供をしていくことが、まず大事なことかなと思います。

※「抱っこができない」という悩みについてのアドバイスは、来週お届けします。

明橋先生の 今週の一言メッセージ

ホッとインフォメーション

新刊『HSCの育て方Q&A』のタイトルが決定

HSC(ひといちばい敏感な子)の子育てに悩む親御さんに向けたQ&A集を、来月発売いたします。

タイトルは、

『教えて、明橋先生! 何かほかの子と違う? HSCの育て方Q&A』

に決定いたしました。

主な内容を紹介します。


◎親子でひといちばい敏感な場合
娘もHSC、そして母親である私もそうだと感じました。
敏感ですぐに心の余裕がなくなる場合、どう子どもに関わっていけばいいでしょうか。

◎HSCに理解のない人への対応
HSCの持つよさを伸ばしたいと思っても、まだまだ理解のない人が多いです。
マイナスな見方をされたとき、どう答えたらいいでしょうか。

◎子どもにHSCを正しく伝える方法
不登校になって6年半、思春期を迎えた息子自身に、敏感さとのつきあい方を学んでいってほしいと思いますが、HSCをどう説明すればいいか悩みます。

◎怖い先生への対処法
学校に怖い先生がいて、娘は友達が怒られているだけで、自分が怒られるように思って、学校に行きたがらなくなります。

◎不登校が長期戦になったら
不登校の子のいる家庭で、日々奮闘中です。
ただ長期戦になってきたとき、どこに希望を持てばいいのか、最近息切れ気味で焦っています。

◎発達障がいをHSCと間違う心配は?
発達障がいなのに、HSCと誤解してしまうことはないでしょうか。
それで必要な支援がおくれてしまわないかが心配です。



Q&Aは、主に明橋先生のHSCトークセミナーの質疑応答をまとめたものです。
涙ながらに質問するお母さん。そのお母さんの気持ちを全面に受け止め、アドバイスされる明橋先生。
本書の行間に、温かな会場の雰囲気を、きっと感じていただけると思います。

発売は2月下旬を予定しています。

今年の花粉症対策は大丈夫?
『子育てハッピーアドバイス 小児科の巻2』著者の記事が人気


今年のスギ花粉は、例年(過去10年の平均)の飛散数と比べて「やや多め」と予想されているそうです。
本格的に花粉が飛び始める前に、どんな対策が有効なのか、1つでも多く知っておくと安心ですね。

『子育てハッピーアドバイス もっと知りたい 小児科の巻2』で、耳鼻科を担当された徳永貴広先生のアドバイスはこちらから。
 
【2019年版】専門医の教える花粉症対策。手軽で安い“意外な方法”で花粉を撃退!
https://www.10000nen.com/media/8275/

ココロほっとLINE@好評配信中!友だち登録してね♪

明橋大二先生のプロフィール

昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
児童相談所嘱託医やNPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止アドバイザーとして、子どもの問題に関わる。
ホームページ http://www.akehashi.com/