シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

特集記事

【メールマガジン バックナンバー】

バックナンバー一覧へ
「嫌だ!」ばかりで、ちっとも言うことを聞きません
            

こんにちは。ナビゲーターのりんこです。

最近の子どもたちは、口がポカンと開いてい
る子が多いと、ある歯医者さんから聞きました。

かむ回数が少ないために、口の周りの筋肉
が衰えてしまっているそうです。
口が開いていると、口呼吸になり、風邪を
引きやすくなります。
インフルエンザがはやりだす時期。
子どもさんが鼻呼吸をしているか、チェック
してみてはいかがでしょうか。

それでは、今日も、明橋先生のQ&Aから
お届けします。

明橋大二先生の
親子でホッとする子育て教室【486号】

もくじ

◆子育て相談室Q&A
 ・「嫌だ!」ばかりで、
  ちっとも言うことを聞きません

◆ホッとインフォメーション
 ・『HSC子育てあるある うちの子は
  ひといちばい敏感な子!』12月発売
 ・育児情報誌『miku』に
  明橋先生のインタビュー記事

 
 子育て相談室Q&A

【質問】
お風呂や着替えを促すと、「嫌だ! 嫌だ!」
と言い、ちっとも言うことを聞きません。
どう対応すればよいでしょうか。

【答え】
1歳3カ月を過ぎた頃になると、子どもは、
自分で何でもやりたがるようになります。
1歳6カ月を過ぎると、自己主張はかなり
激しくなります。
これは、親にじゅうぶん甘えて、安心感を
もらったために、自立心が芽生えてきた
証拠です。心の成長のあかしです。

「どうしてこんなに言うことを聞かないの? 
育て方を間違えたのかしら」と思いますが、
そうではなく、ちゃんと育ててきたから、
子どもが言うことを聞かなくなってきたのです。

子どもが成長の過程で必ず通らねばならない
ことなので、まずは、ちゃんと成長してきて
いることを喜んでいいと思います。

ここで、子どもが親に訴えようとしている
ことは、「子どもも、親とは別の人格を持っ
た、一個の人間だ」ということです。
こういう訴えに付き合ってもらうことで、
自分は、素直でも反抗しても、ちゃんと自分
を大切にしてもらえるんだ、という気持ちが
育ちます。それが、その後の心の成長の土台
になるのです。

ですからこういう場合は、あまり、子どもに
無理強いせず、子どもの意思をある程度尊重
していくことが大切です。
子どもの気持ちに従って、いったんやらせて
みるとか、「じゃあ、こっちを先にする? 
それともこっちをする?」とある程度、選択
肢を示して、子どもに選ばせるようにすると、
子どもも自分で決めたという満足感を持って、
すんなりいくこともあります。

ホッとインフォメーション

明橋先生監修、太田知子さん著の新刊
『HSC子育てあるある うちの子は ひと
いちばい敏感な子!』12月発売

「子育てハッピアドバイス」シリーズのイラ
ストレーター 太田知子さんの新刊『HSC
子育てあるある うちの子は ひといちばい
敏感な子!』が、12月に発売されます。

「うちの子だけが特別手に負えないの?」
「子どもがわがままに育つのは私の育て方の
せい?」

悩みに悩んだ太田さんは、わが子がHSCと
知った時、ありのままの子どもを受け入れら
れるようになったといいます。
そして、敏感さの素晴らしい面がどんどん
見えるようになってきました。

「HSCあるある」とHSCの特徴を、太田さん
が実体験を通して4コママンガで描きます。
明橋先生は、HSCとママのハッピーアドバイ
ザーとして登場します。

中身チェックはこちらから↓
https://www.10000nen.com/topics/13930/

育児情報誌『miku』に明橋先生のインタビュー記事

全国の産院、小児科、保育園などで配布され
ているフリーペーパー『miku(ミク)』2018
秋冬号に、明橋先生のインタビュー記事
「ひといちばい敏感な子の育て方・接し方」が
掲載されました。

https://my.ebook5.net/ehonnavi/miku/?_ga=stylecategory
(10,11ページに掲載されています)

1万年堂ライフからおすすめの記事

2018年最新版!インフルエンザの予防接種
は受けるべき?医師が教える対処法
https://www.10000nen.com/media/8198/

老眼はトレーニングで改善するのか?眼科
専門医が答えます
https://www.10000nen.com/media/13780/

ココロほっとLINE@好評配信中!友だち登録してね♪

明橋大二先生のプロフィール
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
児童相談所嘱託医やNPO法人子どもの権利
支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止
アドバイザーとして、子どもの問題に関わる。
ホームページ http://www.akehashi.com/