シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【思春期は、子どもと大人の中間点】
2018年9月13日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第477号】
          平成30年9月13日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

こんにちは。ナビゲーターのりんこです。
2学期が始まって間もないですが、今週末はもう中学校の体育祭があります。
「生徒は教室でお弁当を食べるんだよ」と先輩ママから聞いて、小学校のように、早朝の場所取りと、重箱作りをしなくていいんだ~とホッとしました(~o~;)

10月から、メルマガの配信システムが変わる予定です。
読者の皆様には、特に手続きをしていただく必要はありませんので、ご安心ください。
詳しくは改めてお知らせいたします。

☆もくじ

◆子育て相談室Q&A
・小6の女の子。
 低学年のように甘えたり、中高生のようなことを言ったり……
 理解に苦しみます

◆ココロほっとアドバイス
・BUMP OF CHICKEN「魔法の料理~君から君へ~」から

◆ホッとインフォメーション
・HSCトークセミナー大盛況!at枚方蔦屋書店(大阪)
・1万年堂ライフからオススメの記事

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜子育て相談室Q&A ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

このコーナーは、明橋先生に子育ての悩み、質問に答えていただくコーナーです。

【質問】
小6の女の子ですが、甘えている時は小2か小3のようで、乱暴なことを言う時は中学生か高校生のようで、理解に苦しみます。
こんなに精神的に行ったり戻ったりするものなのでしょうか。

【答え】

小6というと、ちょうど思春期に差しかかったころですね。
思春期は、第二反抗期ともいって(ちなみに、第一反抗期は、1歳半から3歳の、いわゆる「イヤイヤ期」です)、子どもと大人の中間点、いちばん、心の揺れの振れ幅が激しい時期です。

厳密にいうと、思春期が本当に始まるのは中学2年生(の2学期、とまで限定する人もあります)といわれますが、最近の子ども、特に女の子はませているので、小6、あるいは小5くらいから、プレ思春期といって、思春期のような言動が見られるようになります。
その一つが、この質問にあるように、甘えと反抗の行ったり来たりが非常に激しくなる、ということです。

もともと、子どもの心は、甘えと反抗を行ったり来たりしながら大きくなっていくものですが、特に思春期になると、その行ったり来たりが非常に激しくなります。
本当に日替わり、時間替わりといってもいいくらいです。
ある時は、赤ちゃんのように甘えてくる。「思春期といっても、まだまだ子どもだな」と思っていると、いきなり、大人のように、親を批判してきたり、ほっといてくれ!と言ったりします。
「何を偉そうに! そんなことならもう知らん!」と思っていると、また次の朝には「おかあさ~ん!」と甘えてきたりする。いったいどっちなんだ!とキレそうになりますが、どっちも本当なのです。

このように、ちゃんと思春期の様子が出てきているということは、子どもの心がちゃんと成長している証拠です。
親は振り回されて大変ですが、そういう子どもの心の揺れに付き合っていくことで、子どもは思春期の荒波を乗り越えていくことができるのです。

────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
児童相談所嘱託医やNPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止アドバイザーとして、子どもの問題に関わる。
ホームページ http://www.akehashi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ココロほっとアドバイス ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

毎週土曜日の午前11時、ココロほっとLINE@では、「Dr.明橋のココロがほっとするラジオ」をお届けしています。
明橋先生が自ら、リスナーからの相談に答えられたり、オススメのJポップの歌詞にこめられたメッセージを解説されたりしています。

今回は、BUMP OF CHICKENの「魔法の料理~君から君へ~」の歌詞をとおして、明橋先生のメッセージを、一部ご紹介します。

******

最初の歌詞「叱られた後にある晩御飯の不思議」は、これ1行で伝えたいことを言い切っていて、素晴らしいな、と思います。
子どもは親からこっぴどく叱られて、「親は自分のことを嫌いなんじゃないか」とか「自分のことなんて、どうでもいいのではないか」と思うわけです。
「親から見捨てられて当然」と落ち込んでいるのですけれども、晩ご飯になると、「ご飯だよ」と呼んでくれて、自分の好物が出てくる。
そういうことによって、「自分はここにいていいんだ」とか「親は自分のことを愛してくれているんだ」とか、そういうことを確認できるわけなんですよね。

こういうのは自己肯定感というのですけれども、要するに、いい子であっても、いい子でなくても、親は自分を見捨てない、自分のいいところも、悪いところも、全部ひっくるめて受け入れられる、ということなんです。

******

毎日、家族に食事を用意するのは大変です。
夏休みが終わり、給食のありがたみを感じている方も多いと思いますが、明橋先生は、「(親が作る)ご飯がどれだけ子どもに愛情を伝えているか、と思うのですよね」ともおっしゃっています。

※全てをお聴きになりたい方はこちらから(約18分)
 https://youtu.be/XZIg7lS5Xrs

 最新のラジオが聴けるココロほっとLINE@の登録はこちら
 https://www.10000nen.com/lp/kokoroline-akehashimail/

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ホッとインフォメーション ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

●HSCトークセミナー大盛況!at枚方蔦屋書店(大阪)

 9月9日の日曜日、大阪府枚方市で、明橋先生の2回めのHSC(ひといちばい敏感な子)トークセミナーが開催されました。
 兵庫県や滋賀県から参加された方もあり、会場の枚方蔦屋書店のイベントスペースはほぼ満席に。ママだけでなく、パパの姿も見られました。
 講演を聴いている参加者の姿勢は、真剣そのものです。
 質疑応答は、延長されるほどたくさんの質問が出され、明橋先生の回答に、涙しているママもいました。
 質疑応答の内容は、このメルマガで、少しずつ紹介していきたいと思います。

●1万年堂ライフからオススメの記事

・HSPを知って自分のトリセツ発見!
 共感し過ぎて日が暮れて~寝ても覚めてもHSPな高野優のマンガエッセイ(5)
 https://www.10000nen.com/media/12658/
  *HSP=ひといちばい敏感な人

・枕草子を分かりやすい意訳で楽しむ~『こころきらきら枕草子』のご紹介
 https://www.10000nen.com/media/12106/

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

メルマガの感想・ご意見は、「返信」でお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第477号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

「子育てハッピーアドバイス」
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━