シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【HSCあるあるエピソードを募集します!】
2018年8月16日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第474号】
          平成30年8月16日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆コラム
 答えは医者の中にあるのではなく、患者さんの中にある

◆お知らせ
 皆さんのエピソードをマンガ化します!
 【HSCあるある】大募集!!

 

━━━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜明橋先生のコラム ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 答えは医者の中にあるのではなく、患者さんの中にある

               明橋 大二

 山の日の8月11日、東京御茶ノ水で行われた、「未来患者学2018」というイベントに参加してきました。患者が主体的に医療に関わることで、医療の新しい未来を考えようというイベントです。
 当日は、全国から約500人の参加者が集まり、酷暑の中、さらに熱い活発な議論がなされました。

 10時30分から、脳科学者の茂木健一郎さんの特別講演があり、いろいろと刺激的な学びがありました。
 私も、午後から「子育てハッピー外来」という模擬診療のセッションと、オープンセミナーを担当しました。オープンセミナーでは、主にHSC(ひといちばい敏感な子)をテーマに話をしました。

 フィナーレは、「医者の考える治療と、患者が求める医療はまだまだ大きな隔たりがある。そこを埋めていくために、患者も学んで、積極的に声を上げ、この国の医療を変えていこう」というアピールで、締めくくられました。

 心療内科の診療でも、答えは、医者の中にあるのではなく、患者さんの中にあると思っています。それをいかに引き出すかが、医者の技量で、そういうことを意識しながら、今回、模擬診療にチャレンジしてみました。
 公開での相談、ということで了解を得て、参加者に出ていただき、実際の相談のようにやりとりをするのですが、参加者の協力もあり、思った以上に充実した時間になりました。
 参加者からも、「こういうふうに診察してるんだ」とか、「なんか話しやすそうだな」という感想があり、普段の一方通行の講演ではない、体験型のセミナーになったかなと思います。

 同時並行で、別のセッションでは、著名なドクターがたくさん出演されていて、全部聞けないのが本当にもったいなかった、と思っています。

★明橋大二先生のプロフィール
────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
児童相談所嘱託医やNPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止アドバイザーとして、子どもの問題に関わる。
ホームページ http://www.akehashi.com/

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜お知らせ ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

●HSCあるあるエピソードを募集します!

 HSC(Highly Sensitive Child)とは、子どもの5人に1人といわれる「ひといちばい敏感な子」のことです。
 明橋先生の新刊『HSCの子育てハッピーアドバイス』は、「うちの子そのもの!」「驚くほどわが子に当てはまっている」という感想が続々届いています。
 
 HSCは、家族や学校から理解されずに、「育てにくい」と思われたり、発達障がいと誤解されたりするなど、まだまだ認知度が低いのが現状です。
 そこでこのたび、HSCをもっと知ってもらうために、HSCならではの“あるあるエピソード”を広く募集し、マンガ化して出版することになりました。

 あなたのお子さんや、ママパパ自身の子ども時代のエピソードを、TwitterやInstagram、またはメールでどしどし投稿してください。
 深刻に悩んでいたことも、「うちだけじゃない」と知った時、気持ちがふっと楽になるかもしれません。

 早速届いたエピソードをご紹介します。

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

 娘が小学1年生の時。それは、明日からGWが始まる前夜のこと。
 突然、「こんど、がっこうにいったら、わたし、にっちょくさんなの。できないかもしれない」と言い、もう学校には行きたくないと泣きだしました。
 日直の仕事がどんなことをするのか母親の私にはわからなくて、安易に「大丈夫。できるよ」とも言えず、夜分遅くとは知りながら、担任の先生のお宅に電話をして、状況を説明しました。
 先生は、娘と電話を代わってほしいと言われ、「日直の仕事は先生が手伝うから心配いらないよ。安心して、明日からのお休みはたくさん遊んでね!」と言われたようでした。
 安心した娘は笑顔が戻り、楽しくGWを過ごし、次の登校の朝は元気に学校に行くことができました。
 帰宅して開口一番、「にっちょくさんのおしごと、せんせいといっしょにできたよ! かえりのかいで司会をしたんだよ!」と明るく教えてくれました。
 娘の不安をわかってくれた先生に感謝でした。

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

【HSCあるあるエピソード募集!】
 詳しくはこちらをごらんください。
 https://www.10000nen.com/lp/hsc-aruaru/?mm=a474

 ★書籍情報
 『HSCの子育てハッピーアドバイス』
  明橋大二 著 イラスト 太田知子
  ┗ https://www.10000nen.com/books/978-4-86626-034-1/?mm=a474

 

 来週もどうぞお楽しみに!
 メルマガの感想・ご意見は、このメールへの「返信」でお寄せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第474号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

『子育てハッピーアドバイス』
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━