シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

特集記事

【メールマガジン バックナンバー】

バックナンバー一覧へ
『HSCの子育てハッピーアドバイス』出版記念の講演を終えて
            

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第470号】
         平成30年7月19日発行
・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆コラム
 『HSCの子育てハッピーアドバイス』
  出版記念の講演を終えて

◆ホッとにゅーす
 「ことごとくわが子に当てはまる」
 『HSC』出版記念イベント参加者の声

 

━━━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜明橋先生の子育てコラム 
「輝ける子」に育つ、ちょっといい話☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 『HSCの子育てハッピーアドバイス』
  出版記念の講演を終えて

               明橋 大二

 7月13日、東京の渋谷で『HSCの子育てハッ
ピーアドバイス』出版記念の講演を行いまし
た。
 当日は、平日の日中にも関わらず、多くの
読者やマスコミ関係の方が参加され、関心の
高さを感じました。

 HSCとは、何度もお伝えしているとおり、
ひといちばい敏感な感性を持った子どものこ
とで、5人に1人くらいの割合でいるといわ
れています。
 感覚的に敏感なだけでなく、人の気持ちに
も敏感で、とても優しい反面、人が気にしな
くて済むことまで気になってしまうので、あ
る意味生きづらい特性でもあります。
 当日は、HSCを育てている親御さんや、自分
もまたHSP(ひといちばい敏感な人)だという
方も多く来られていました。

 話の中で、いちばんリアクションがあった
のが、「親の子どもへの関わり方は、子ども
の行動の原因ではなく、結果である」という
話です。
 われわれはよく、子どもが不安がってなか
なか行動を起こそうとしないと、「親が過保
護だから、子どもがこんなに憶病になってし
まうんだ」と言ったり思ったりします。
 あるいは、子どもが落ち着きがない。キレ
やすかったりする。それに対して、親がつい
つい怒ってしまう。そうすると周囲は、「親
があんなに怒ってばかりいるから、子どもが
攻撃的になるんだ」と思ってしまいます。

 それらは、「親の関わり方は、子どもの行
動の原因である」という考え方です。
 しかし本当にそうでしょうか。
 私が多くの親御さんと接してきて思うのは、
最初から親がそういう行動をとってきたわけ
ではない。例えば、憶病な子どもなら、親も
最初は子どもに無理やりでもやらせようとし
ていた、しかしそのようにすると、よけい子
どもがパニックになったり、よけい時間がか
かったりするので、試行錯誤の結果、子ども
のペースに合わせるしかない、ということで、
そのような関わり方になった。これは、親の
関わり方は、子どもの行動の原因ではなく、
結果なのです。

 親が子どもを怒ってばかり、というのも、
子どもが、なかなか落ち着きがない、言うこ
とを聞かない、そういう特性があるから、つ
いつい親も怒ってばかりになってしまう。他
のきょうだいなら、そんなに怒らなくて済む
のに、この子の場合は、どうしてもそうなっ
てしまう。これも親の関わり方は、子どもの
行動の原因でなく、結果です。

 特にHSCの場合は、人と違う特性を持ってい
るために、親は周囲から、「過保護だ」とか、
「子どもの言いなりになりすぎ」とか言われ
がちです。そして「だから子どもがこんなに
憶病になるんだ」と言われます。
 しかしほとんどの場合はそうではありませ
ん。むしろ、親がいろいろと試行錯誤してき
て、こういう関わりがこの子には必要なんだ、
と理解してきたからこそ、このような関わり
方になっていることが多いのです。
 それは、HSCの子どもにとって、必要なこと
なのです。
 そういう理解が、もっともっと親だけでな
く、学校や保育園幼稚園でも、広まってくれ
ればと願っています。

 第2部では、育児漫画家の高野優さんが加
わり、場を楽しく盛り上げてくださいました。
 何より、自分自身、HSCだったと告白され、
だから、今日の話は、首が痛くなるほどうな
ずきまくっていた、と言っていただいた時に
は、驚くと同時に、とてもありがたく思いま
した。

 質疑応答の時間では、多くの親御さんが、
涙ながらに、HSCを育てる苦労や、周囲になか
なか理解してもらえなかったつらさを語られ、
それにまた他の参加者も涙する、しみじみと
温かい共感の場となりました。

 プレスの皆さんもたくさん参加してくださ
いましたが、どれほどこのHSCの概念が必要と
されているのか、支援者にもどれほどこの知
識が必要か、実感を持って分かっていただけ
たのではないかと思います。

 この本の出版がきっかけとなり、この日本
でも、HSCの子どもたちに対する理解とサポー
トがもっともっと広まることを願ってやみま
せん。


★明橋大二先生のプロフィール
────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
児童相談所嘱託医やNPO法人子どもの権利支
援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止
アドバイザーとして、子どもの問題に関わる。
ホームページ http://www.akehashi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ホッとにゅーす ☆ ・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 明橋先生がコラムで書かれた『HSCの子育
てハッピーアドバイス』出版記念“HSC”が
丸ごと学べる特別セミナーの様子をこちらに
アップしました。
 https://www.10000nen.com/topics/11679/

 参加された方の声をご紹介します。

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

◎講演を聴いて、娘がHSCでHSS(刺激を求め
るタイプ)であると確信いたしました。
 とても楽しかったです。元気をもらいまし
た。がんばります!!

◎とても分かりやすくHSCのことをご説明いた
だき、ありがとうございました。
 もう少し子どもが小さい時に、お話が聞け
ていたらよかったな……と思いますが、今か
らでも子どもの特性を認め、子育てを楽しみ
たいと思います。

◎明橋先生のアドバイスは、目からウロコで
した。ことごとくわが子に当てはまるのです
が、私はすべき対応と、全く逆のことをして
きたのです。今後はこじれた関係を修復すべ
く、娘と向き合っていきます。『HSCの子育て
ハッピーアドバイス』は、保健室の先生にも
読んでもらいました。

◎HSCのことを、明橋先生の言葉でもっと受け
取りたいと思って参加しましたが、自分のこ
とでもたくさん当てはまることがあり、親と
のやりとりで傷つき、ナゼ伝わらなかったの
か?というナゾが解けた気がしました。
 息子の気持ちが分からないことはたくさん
ありますが、今日気付いたことを心に留めて
生活してみます。いろいろ腑に落ちて、よか
ったです。ありがとうございました。

◎現在中1の娘が、昨年から教室に行かない
ことが増えて、サポートルームで過ごしたり、
不登校だったりです。今日は明橋先生にお礼
を伝えたくて参加しました。先生の本のおか
げで親子の絆を取り戻せました。ありがとう
ございました。

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

 明橋先生はこの日、午前中はテレビの取材、
セミナーが終わった後も雑誌の取材を受け、
20時の新幹線に乗り込まれました。大忙しの
1日、お疲れ様でした!


 メルマガの感想・ご意見をお待ちしており
ます。このメールへの「返信」でお寄せくだ
さい。
 来週もお楽しみに(o^∇^o)ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第470号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

『子育てハッピーアドバイス』
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━