シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【小3の娘がかんしゃくを起こします】
2018年7月5日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第468号】
          平成30年7月5日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆子育て相談室Q&A
・小3の娘がかんしゃくを起こします
・上の子が反抗的で、ちっともかわいく思えません

◆メディア☆情報
・北陸中日新聞
  社会面に明橋先生のコメント
・佐賀新聞
  1面のコラムニストが読者に勧められ、
  明橋先生の講演会を聴講

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜子育て相談室Q&A ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 このコーナーは、明橋先生に子育ての悩み、質問に答えていただくコーナーです。

【質問】
 小学3年生の娘が、時々かんしゃくを起こし、イライラすると、母親である私にぶつけてきます。どう受け止めればいいでしょうか。

【答え】

 お子さんが、かんしゃくを起こしている時は、それを頭ごなしに否定するのではなく、伝えようとしている気持ちを、まずは理解しましょう。
 怒るという形で出してはいても、その裏には、困った気持ち、不安や悲しみがこめられていることがあります。そういう気持ちを、「どうしたらいいか、分からなかったんだね」「不満だったんだね」と、こちらから言葉にして伝えていくことで、スッと落ち着くことがあります。

「魔の2歳児」という、何にでもかんしゃくを起こす時期があります。やがて必ずおさまってきますが、それはなぜかというと、言葉を覚え、言葉で表現できるようになるからです。
 娘さんが暴れたり、思ってもいないことを言ったりするのは、言葉は理解できていても、まだうまく使えていないのかもしれません。
 大人がサポートし、「こういう時は、こんなふうに言えばいいんだよ」と伝えていくことで、自分の気持ちを言葉で正しく表現できるようになっていくのだと思います。

 

【質問】
 4歳の男の子ですが、最近、反抗的で、ちっともかわいく思えません。下の子は素直でかわいいのに、上の子は、甘えてもこないし、言うことも聞きません。自分の子どもと思えない時もあります。どうすればよいでしょうか。

【答え】

 素直に甘えてくる子は、かわいいし、愛情も注げる、しかし、反抗的で言うことを聞かない子は、確かに、愛情をかけることは難しいです。
 しかし、反抗的で、言うことを聞かないのも、実は甘えです。反抗しても、親は自分を見捨てない、という安心感があるからです。子どもは、ちゃんと親を信頼しているのです。だから、反抗したりできるのです。親子の心のパイプはちゃんとつながっている、ということです。

 虐待を受けたりして、親から見捨てられるのでは、と強い不安を持っている子どもは、反抗できません。ですから、親にとっては、手のかからない、聞き分けのよい子になります。しかしそれは、実は親子の心のパイプが詰まった状態で、そっちのほうがよほど心配です。

 お母さんは、育てにくい子だ、と思っておられるかもしれませんが、そう言いながら、ちゃんと育てておられる、ということです。
 ですから、あまり心配せず、あまり口やかましく言わず、ちょっと好きにさせておくといいのではないかと思います。そうすると、そのうち、必ず、向こうのほうから、「お母さ~ん」と寄ってきます。その時に、しっかり抱きしめてやってほしいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜メディア☆情報 ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

●北陸中日新聞の社会面に明橋先生のコメント

「人一倍敏感な子」(HSC=Highly Sensitive Child)という気質の捉え方が、国内で広まりつつある、と紹介した記事が6月30日、北陸中日新聞朝刊の社会面に掲載されました。
 友達は多く、勉強は得意で、いじめに遭ったこともない。それなのに、ある日、学校へ行けなくなった小学5年生(当時)の女性が、人一倍敏感な気質を知ったことで、生きる希望が持てるようになった体験が、記事の中で紹介されています。
 明橋先生は、HSCに詳しい精神科医としてコメント。
 HSCの子どもは、刺激に過剰に反応しやすい、集団行動が苦手、などの特性から、「環境によっては、いじめに遭わなくても不登校や引きこもりになる」と指摘し、「親や教員、支援者は、もっとこの概念を知るべきだ」と語っています。


●佐賀新聞1面のコラムニストが
 読者に勧められ、明橋先生の講演会を聴講

 6月25日と26日の2日間、佐賀新聞の1面コラム「有明抄」に、明橋先生の講演内容が紹介されました。
 担当コラムニストは、育児に悩む母親の孤立や虐待問題を「有明抄」に書いたところ、読者から、「子育てがテーマの講演会があるので聞きに来ませんか」という手紙を受け取ったそうです。
 そこで足を運んだのが、6月16日に唐津市で行われた明橋先生の講演会でした。

 コラムはこちらから読めます↓
 6月25日「=有明抄= 自己肯定感」http://www.saga-s.co.jp/articles/-/234867
 6月26日「=有明抄= 心の会話」http://www.saga-s.co.jp/articles/-/235299


☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆


 メルマガの感想・ご意見は、「返信」でお寄せください。
 来週は、明橋先生の講演会情報などをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第468号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

「子育てハッピーアドバイス」
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━