シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【思春期になって、甘えがひどくなりました】
2018年3月1日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第452号】
          平成30年3月1日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆子育て相談室Q&A
 思春期になって、甘えがひどくなりました。
  どう対応すればいいでしょうか

◆ホッとにゅーす
 明橋先生のアドバイスを、ママブロガーがマンガで紹介

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜子育て相談室Q&A ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 このコーナーは、明橋先生に子育ての悩み、質問に答えていただくコーナーです。
 今日は、『心の声に耳を傾ける 親と子の心のパイプは、うまく流れていますか?』に掲載されているQ&Aをご紹介します。
「心のパイプ」とは、人と人との気持ちをつなぐもので、このパイプが詰まってしまうと、さまざまな問題が起きてくる、と明橋先生は指摘しています。

【質問】
 中学生になってから、甘えがひどくなりました。スキンシップはそれほどでもないのですが、いろんな物を買ってくれと要求してきます。断ると、今度は、顔つきが変わって、怒りだします。どう対応すればいいでしょうか。


【答え】
 普通、中1くらいになると、次第に親離れしてきて、親に甘えてこなくなるものです。それが、逆に甘えがひどくなっているということですが、次の2つの場合が考えられます。

 1つは、今までの親子関係が希薄だった場合。子どもが、甘えていい時に、じゅうぶん甘えられなかった、我慢してきた、いい子として背伸びしてきた。要するに、親子のパイプ詰まりがあった場合です。そういう場合は、思春期になって、逆に、子ども返りすることがあります。
 その場合は、ある程度、そういう甘えにつきあうことが必要です。もう中学生なんだからいいかげんに自立しなさい、と杓子定規に突き放すべきではないと思います。
 甘えたり、怒ったりしているうちに、パイプ詰まりが解消し、親が自分のことをちゃんと思ってくれていることを確認して、再び親離れをしていきます。

 もう1つは、親子関係がじゅうぶん成立しているのに、こうなる場合。その場合は、親子関係に問題があるのではなく、子どもの友達関係や学校生活に問題のあることがあります。
 子どもが、親離れを果たして、友達関係に移っていこうとする時に、友達関係から排除される、ひどい場合は、いじめに遭う。そうなると、子どもは、家以外での居場所を失います。それはとてもつらいことです。そのつらさのやり場がないために、家で甘えたり、八つ当たりしたりするのです。
 この場合は、親子のパイプ詰まりがあったから甘えるのでなく、むしろパイプが開通しているから、家で出せる、ということになります。

 こういう場合は、ある程度、家で本人のつらさを受け止めることは大切ですが、それだけでは問題は解決しません。問題は、家ではなく、外、例えば友達関係にあるからです。
 その場合は、本人自身が、なかなか友達を作りにくい場合は、学校の先生と相談して、友達作りをサポートしてもらうとか、学校以外での人間関係、フリースペースや、趣味のサークルなど、友達作りの機会をアドバイスしていく必要があります。いじめがあれば、もちろん、それも先生と相談して解決を図っていきます。

 特殊な場合として、現在の状態がエスカレートして、家庭内暴力に発展する場合があります。その場合は、かなり専門的な対応が必要なので、しかるべき相談機関や、思春期を扱っている精神科の病院に相談に行かれることをお勧めします。


 ★詳しくはコチラ↓
 『心の声に耳を傾ける 親と子の心のパイプは、うまく流れていますか? ~これ一つ解消すれば、子どもは輝いていく』
  明橋大二 著 本体 1,300円+税
  https://www.10000nen.com/books/978-4-925253-99-4/?mm=a452

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ホッとにゅーす ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 先月の子育て相談室Q&Aでは、「『甘えやわがまま』を受け入れたら、収拾がつかなくなるのではないでしょうか?」という相談について取り上げました。

 この相談と同じように、「自分でできることまで親が手伝うのは、甘やかしなのではないか……」と悩んでいた子育てママブロガーが、1万年堂ライフに、自身の育児体験とマンガを交えて、明橋先生のアドバイスを紹介しています。

「どこからが甘やかし? 自分でできるのに『お母さんやって』と言ってきたら」
 https://www.10000nen.com/media/9329/?mm=a452

 最後の節「『甘え』と『甘やかし』の違いを、こう整理してみた」もオススメです。
 4歳の長女、2歳の長男とお母さんの、ゆる~いキャラがくせになりそう。


☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆


 メルマガの感想・ご意見は、「返信」でお寄せください (*^o^*)ノ
 来週は、明橋先生の講演会情報などをお届けします。

▽バックナンバー(過去30回分のメルマガが読めます)
 http://www.happyadvice.jp/melmaga#BN

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第452号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

「子育てハッピーアドバイス」
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━