シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【「甘えやわがまま」を受け入れたら、収拾がつかなくなる?】
2018年2月1日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第448号】
          平成30年2月1日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆子育て相談室Q&A
 「甘えやわがまま」を受け入れたら、
  収拾がつかなくなるのではないでしょうか?

◆ホッとにゅーす
 映画「なぜ生きる」
 全国のイオンシネマで再上映が決定


━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜子育て相談室Q&A ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 このコーナーは、明橋先生に子育ての悩み、質問に答えていただくコーナーです。
 今日は、『3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス』のQ&Aコーナーから、「甘えやわがまま」についてのアドバイスを紹介します。

【質問】

 2、3歳のころは、あまり手がかからなかったのですが、4歳になって、下の子が生まれてから、「やって」「行かない!」など甘えやわがままがひどくなりました。
 夫からは、「おまえが甘やかすからだ。そんなことしていたら、収拾がつかなくなる」と責められます。


【答え】

 自分でできることを「やって」と言ってきて、その求めを受け入れたら収拾がつかなくなるのではないか?と心配する親御さんがあります。状況にもよりますが、少なくともご相談のようなケースでは、子どもの甘えを受け入れることは本当に必要なことで、一度、受け入れたら、どんどん収拾つかなくなるということは決してありません。

 保育園の先生からも、似たような相談を時々受けます。
「親が忙しくて寂しい思いをしている子に、優しく接していると、甘えがどんどんエスカレートして、自分にくっついて体中触ってくる。その様子を見て、周りの先生から『もっと厳しく突き放したら、そんな行動は出さないんだ。あんたが甘やかしているからだ』と責められる。どうしたらいいでしょうか」というようなものです。

 もちろん、体中触ってくることで、保育士さんがつらい思いをしているなら、それは子どもに伝えて「それはやめてね」と言っていいですが、しかし甘えを受け止めること自体は決して間違っているとは思いません。
 そのように激しく甘えが出てくるということは、それだけがまんしてきたからです。ですから、その甘えを受け止めるのは、必要なことです。
 まず本来は、親に出すべきですが、出せないときに、まずは保育士さんに出してくる、ということがあるのです。それは、甘えを適切に出せるようになるために必要なプロセスなのです。そのうえで、本当に甘えたいのはやはり親なので、親に甘えられるように、親も子も少しずつ支援していくのが、保育士の役割です。

 だから甘えを受け止めることが悪いことでは決してない。むしろ、ようやくそこで子どもが自分の気持ちを出せるようになった。それは子どもにとってたいへん幸せなことです。

 2、3歳の頃は、あまり手がかからなかった、ということですが、本来は、2、3歳のときは、いちばん手がかかるときです。それがあまり手がかからなかったということは、何らかの理由で子どもががまんしていたのではないかと思います。それが、下の子が生まれたのをきっかけに、出てきたのだと思います。

 甘えを受け止めると、収拾がつかなくなるように思われるかもしれませんが、どんどんひどくなっていくかというと、決してそうではありません。ずっと受け止めていくと、どこかで底を打つということがあります。そうしたら、だんだんまた自分でやっていけることが増えていきます。

 どんどん悪くなる状況だけを見ていると、不安になるのも無理はないと思いますが、決してそうではなく、むしろしっかり甘えを出せた子が、いずれしっかり自立していく、ということを知っていただきたいと思います。


★このQ&Aは『3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス』に、分かりやすい4コママンガ付きで掲載されています。
 本の詳しい情報はこちら↓↓
 https://www.10000nen.com/books/978-4-86626-030-3/?mm=a448


明橋大二先生のプロフィール
────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
毎日たくさんの患者さんの「心のケア」にあたる一方、スクールカウンセラーとして学校の先生や子どもたちの相談を受けたり、全国各地で講演を行うなど、幅広く活躍。
ホームページ http://www.akehashi.com/

 


━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ホッとにゅーす ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 明橋先生のベストセラー書籍(共著)が原作の映画「なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上」は、一昨年、連続上映29週のロングランを記録したことで話題を呼びました。
 昨年5月に映像・音声に磨きをかけた《完全版》が公開され、今月からは、茅ヶ崎、熊本を皮切りに、全国10カ所のイオンシネマで上映されることが決まりました。

 北海道  イオンシネマ小樽   2月17日~2月28日
 神奈川県 イオンシネマ茅ヶ崎  2月10日~2月16日
 長野県  イオンシネマ松本   2月17日~2月23日
 愛知県  イオンシネマ岡崎   2月17日~2月28日
  〃   イオンシネマ豊川   2月24日~3月2日
  〃   イオンシネマ常滑   2月24日~3月2日
 三重県  イオンシネマ桑名   2月17日~2月23日
 福岡県  イオンシネマ福岡   2月24日~3月2日
 佐賀県  イオンシネマ佐賀大和 2月24日~3月2日
 熊本県  イオンシネマ熊本   2月10日~2月16日

 上映スケジュールは、各映画館のホームページをごらんください。
 このほか、全国のホール等でも上映中です。

 →詳しくは【なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上】
  オフィシャルサイト http://nazeikiru-eiga.com/
  Facebook https://www.facebook.com/nazeikiru.eiga/

 ★原作本
 『なぜ生きる』
  明橋大二/伊藤健太郎 著 高森顕徹 監修
  ┗ https://www.10000nen.com/books/978-4-925253-01-7/?mm=a448
  ※電子書籍もあります。


☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆


 メルマガの感想・ご意見は、「返信」でお寄せください。
 来週は、明橋先生の講演会情報などをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第448号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

「子育てハッピーアドバイス」
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━