シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【市民の自己肯定感を高め、地方を豊かに】
2018年1月18日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第446号】
         平成30年1月18日発行
・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆コラム
 市民の自己肯定感を高め、地方を豊かに
  ~朝来市の取り組みから

◆ホッとにゅーす
・朝来市の自己肯定感啓発パンフレット
  明橋先生がQ&Aを監修

・『あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎』
  もうすぐ発売!

 

━━━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜明橋先生の子育てコラム 
「輝ける子」に育つ、ちょっといい話☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 市民の自己肯定感を高め、地方を豊かに
  ~朝来市の取り組みから

               明橋 大二

 1月13日、兵庫県朝来(あさご)市というところで講演をしたのですが、この朝来市の取り組みが、けっこう興味深く、ご紹介したいと思います。

「天空の城」「日本のマチュピチュ」といわれる竹田城跡で有名な朝来市では、地方創生、定住促進の試みとして、数年前から「あさご暮らし応援課」が立ち上がり、さまざまな取り組みをしています。
 要するに、全国の自治体が、少子化、人口減少に悩む中で、地方にとどまる、あるいは移住する人を増やそう、そして地方を活性化しようという取り組みです。

 通常、魅力ある地域作りというと、観光振興とか、あるいは立派な建物を建てる、いわゆる「ハコもの」とか、目に見えるカタチにとらわれるのですが、朝来市は違いました。
 地方を豊かにするためには、まず人づくり、人財育成が大事、そのためには何が大事かを徹底的に考え抜き、その結果、「自己肯定感」に行き着いて、市民の自己肯定感を高めていくことを、施策の中心に据えたのです。

 自己肯定感とは、「自分は生きている価値がある」「自分は大切な存在だ」という気持ちのことで、人生を幸せに生きていくためのキーワードです。

 昨年末には、「子どもたちの未来のために子育て中の私たちが今できること」という自己肯定感についての啓発パンフも作成し、子育て家庭をはじめ、全市に配布されました。
 先日の私の講演会には、保護者のみならず、市内の保育士の約7割が参加し、ともに「自己肯定感を育む子育て」を学びました。
 その冒頭、主催者の挨拶では、市長みずから、上記のパンフレットを手に、自己肯定感の大切さを語り、市民に呼びかけました。

 通常、「教育委員会が、教員対象に」とか、「子育て支援課が、保護者対象に」というように、「一部の部署で、一部の人対象に」このような取り組みをすることはあっても、市あげて、自己肯定感を育む人財育成に取り組んでいるところは聞いたことがありません。
 これは、「あさご暮らし応援課」という市長部局がイニシアチブを取っていることと、人口3万人という、小回りの効くコンパクトなサイズの自治体であることも大きいと思いますが、その結果、2018年「住みたい田舎」ベストランキング(*)で、朝来市は総合部門で近畿エリア1位、全国6位に選ばれているのです。
 もちろん、京阪神へのアクセスのよさや、美しい自然の魅力も大きいと思いますが、同時に、このような人財育成の市の取り組みが評価されていると思わずにおれません。

 今回のイベントでは、子育て中のママたちの自発的な動きも始まり、取り組みは、官から民へ、広がりつつあるようです。
 願わくは、全国の自治体でこのような取り組みが広がり、「自己肯定感を育む人づくり」が日本のスタンダードになってくれることを念じてやみません。

* 『田舎暮らしの本』2018年2月号、宝島社

 

★明橋大二先生のプロフィール
────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
毎日たくさんの患者さんの「心のケア」にあたる一方、スクールカウンセラーとして学校の先生や子どもたちの相談を受けたり、全国各地で講演を行うなど、幅広く活躍。
ホームページ http://www.akehashi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ ホッとにゅーす  ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

●朝来市のパンフレット、明橋先生がQ&Aを監修

 コラムで明橋先生が書かれていますように、朝来市は昨年12月、自己肯定感についての啓発パンフレット『人生を前向きに歩んでいくための心の土台づくり~子どもたちの未来のために子育て中の私たちが今できること』を作成しました。
 その中で、「Q&A 教えて!明橋先生」に明橋先生が登場。監修として参加されました。

 こちらからパンフレットの全ページをごらんになれます。
 http://www.city.asago.hyogo.jp/cp/0000007145.html

 

●もうすぐ発売!『あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎』

『子育てハッピーアドバイス もっと知りたい 小児科の巻2』で、皮膚科を担当された花川博義先生の新刊第2弾は『アトピー性皮膚炎』です。

 子どもが「かゆいかゆい」とポリポリかいているうちに、傷になってしまったり、皮膚がごわごわになってしまったりすると、心配になりますよね。
 もしかしてアトピー?と思って病院へ連れていっても、医者によって、「アトピーです」と言われたり「小児湿疹」と言われたりして、本当はどっちなのか不審感を抱いた、という経験はありませんか?
 なぜ、このような病名のブレが起きるのでしょうか。

 この他にも、ステロイドに対するイメージや、漢方や民間療法など取り入れ方、病院の選び方など、目の前の医者にはなかなか聞けないことは、いろいろあると思います。
 そのような疑問に対して、皮膚科専門医の花川博義先生が、分かりやすい文章でアドバイスします。

 ぜひ、あなたやあなたの子どもさんに合った名医を見つけ、完治のゴールを目指していただきたいと思います。

 詳しい内容はこちらをごらんください。予約もできます。
 https://www.10000nen.com/books/978-4-86626-032-7/?mm=a446


☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

 メルマガの感想・ご意見をお待ちしております。このメールへの「返信」でお寄せください。
 来週もお楽しみに(‘ ∇‘ )♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第446号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

『子育てハッピーアドバイス』
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━