シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

特集記事

【メールマガジン バックナンバー】

バックナンバー一覧へ
練習してみましょう~子どもの気持ちを受け止める言葉かけ
            

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第443号】
         平成29年12月21日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆コラム
 子どもの気持ちを受け止める対応、言葉かけとは?
  ~練習してみましょう


◆ホッとにゅーす
 橘ケンチ主催「たちばな書店」のイベント開催中
 『なぜ生きる』にEXILE ATSUSHIがコメント

 

━━━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜明橋先生の子育てコラム 
「輝ける子」に育つ、ちょっといい話☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥

  子どもの気持ちを受け止める対応、言葉かけとは?
   ~練習してみましょう
                    明橋 大二

 よく、われわれ業界の人は、「共感することが大切」とか、「子どもの気持ちを受け
止めてやってください」と言います。
 しかし、「共感する」とか、「気持ちを受け止める」というのは、具体的にどういう
ことなのか、相手には案外伝わっていないことが多いように思います。

 例えば、子どもが、「学校に行きたくない」と言ったとします。
 そういう時、私たちは、まず「どうして?」と聞くと思います。理由が言える場合も、
言えない場合もあります。しかし、それを一通り聞いたとしても、結論は、「でも、
学校は行かなくちゃだめ」と言うでしょう。これは、子どもの気持ちに共感し、受け止
める対応ではありません。

 では、「行きたくないなら、休めば」と言うのがいいでしょうか。
 これも、子どもの気持ちに共感している対応とは必ずしもいえません。なぜなら、
子どもも、そんなに簡単に学校は休めるものではない、と知っているからです。

 では、子どもの気持ちに共感し、受け止める対応とは、どういう言葉でしょうか。
 それは、「学校へ行きたくなくなるくらい、学校がつらいんだね」という言葉です。

 学校へ行きたくない、ということは、それほど学校が、本人にとってつらい、という
ことです。その気持ちを言葉にして返していくのです。これが、共感する、気持ちを
受け止める、ということです。
 その上に、例えば、次の言葉を付け加えることもあります。
「そんなつらい中で、よく今まで行っていたね」
 これが、ねぎらいです。相手の努力を認め、ねぎらっている言葉です。

 学校へ行きたくない、という訴えに対して、「行け」とも「行くな」とも言わずに、
ただ、本人の気持ちを受け止め、今までの頑張りを認める。それだけで、子どもは楽に
なり、もうちょっと頑張ってみよう、と思えることがあります。

 こういうやりとりは、いろいろあります。
 下記に、例を示しますので、皆さん、考えてみてください。

---------------------------------------
(1)弟ばっかり、ずるい。
---------------------------------------

「ずるくないわよ。まだ小さいから分からないのよ」……×
「確かに、ずるいわね。じゃ弟にお仕置きしましょう」……×

「お兄ちゃんも、欲しかったんだね」……○
「今までも、我慢してたんだね」……○


---------------------------------------
(2)お母さんなんか、嫌いだ。
---------------------------------------

「お母さんに、なんてこと言うの!」……×
「嫌いで結構。お母さんだって、あんたのこと嫌いだから」……×

「はいはい、本当はこうしてほしかったんだね」……○
「でも、そうしてもらえなくて、嫌だったんだね」……○


---------------------------------------
(3)もう死にたい。
---------------------------------------

「死んじゃだめ!」……×
「じゃ、死ねば?」……×

「死にたいくらい、つらいんだね」……○
「そんな中で、今までよく生きてきたね」……○


 以上です。いかがでしょうか。
「いい」とも「だめ」とも言わずに、子どもの気持ちを受け止めて、言葉にして返す。
そのうえで、どういう行動をとるべきか、子どもに考えさせる。そういう親子関係に
なってくれば、子どもは、表現豊かに、自己主張する力が育ってくるのではないか
と思っています。


★明橋大二先生のプロフィール
────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
毎日たくさんの患者さんの「心のケア」にあ
たる一方、スクールカウンセラーとして学校
の先生や子どもたちの相談を受けたり、全国
各地で講演を行うなど、幅広く活躍。
ホームページ http://www.akehashi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ ホッとにゅーす  ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 明橋先生が共著で書かれたロングセラー『なぜ生きる』が、昨年の映画化に引き続き、
今年も注目されています。
 きっかけは、今年7月、EXILEメンバーや著名人がおすすめする本を紹介するプロジェ
クト「たちばな書店」で、ボーカルのEXILE ATSUSHIさんが、この本についてコメントした
ことです。

「たちばな書店」は、EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチさんが「EXILE mobile」内で
運営するコーナーですが、現在、三省堂書店池袋本店のイベントスペースで、インター
ネットを飛び出し、スペシャル企画が開催されています。
↓↓↓↓↓
http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/2916

 赤と黒を基調としたアートな空間の中に、『なぜ生きる』も並べられ、本を手に取ると、
アクリルの立て板に印字されたATSUSHIさんのコメントが読める、という素敵な仕掛け。
 https://twitter.com/happyadvice/status/942611915007651842

 12月28日(木)まで開催中です。
 ぜひ足を運んでくださいね!

 来年1月30日からは、八重洲ブックセンター本店でも「たちばな書店」のイベントが
予定されています。

 ★書籍情報
 『なぜ生きる』
 高森顕徹(監修) 明橋大二・伊藤健太郎(共著)
 定価:1,500円+税
 https://www.10000nen.com/books/978-4-925253-01-7/?mm=a443


☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆


 来週は今年最後のメルマガをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第443号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

『子育てハッピーアドバイス』
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━