シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【イヤイヤ期が終わったと思ったら……「5歳の反抗期」とは?】
2017年11月2日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第437号】
          平成29年11月2日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆子育て相談室Q&A
 5歳の娘。イヤイヤ期が終わったと思ったら、
  口が達者になり、親の言うことを聞きません

◆ホッとにゅーす
 いよいよ今月末発売
 『3~6歳の 子育てハッピーアドバイス』
  の装丁が決まりました!


━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜子育て相談室Q&A ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 このコーナーは、明橋先生に子育ての悩み、質問に答えていただくコーナーです。
 今日は、今月末に発売される『3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス』の中から、「5歳の反抗期」についてのアドバイスをご紹介します。

【質問】

 5歳の娘が親の言うことを聞かず、困っています。イヤイヤ期が終わったと思ったら、近頃、口が達者になり、「うるさい!」など、暴言を言うようになりました。注意すると、あげ足をとったり、「今やろうと思っていたのに!」と人のせいにしたり、やりたくないことは、何度言っても無視したりします。
 生意気な態度がひどくなってくる子どもに、どう接したらいいのでしょうか。


【答え】

 第一反抗期が終わったら、早速、中間反抗期が始まっているようですね。
 中間反抗期の特徴は、「口答え」。要するに、「ああ言えばこう言う」状態です。通常は、小学校1、2年で出てくるものですが、ませたお子さんは、5歳くらいから始まることもあるようです。
 これは、自立心が育って、「自分のことは自分でやりたい」「人に指示、口出しされたくない」という気持ちが強くなって出てきた状態です。基本的には、子どもの心が成長してきたから出てきたもので、通常の発達のプロセスです。
 むしろ、5歳でこれだけ出てくるということは、とても自立心が旺盛なお子さんなのだと思います。じゅうぶんな安心感をもらったからこそ、順調に自立が進んでいるので、しっかり子育てされてきた証だと思います。

 ただ、それが今は、お子さんの気持ちに比べて、親が口出ししすぎている、ということはあるかもしれません。
 こういうときは、やはり、できないと思っても、子どもに任せてみることが得策です。
「今からやろうと思っていたのに」ということは、子どもからすれば、やはり先回りして口出しされていると感じているのでしょう。
「わかったよ。じゃあこれからは自分でやってね」と伝えて、言わないようにする。言わないとやらないと思いますが、それでもしばらくほうっておく。それで大きな失敗をすれば、それで子どもも身にしみて学ぶこともあるでしょう。
 人に迷惑をかけることは、言わないわけにはいかないかもしれませんが、自分が痛い思いをするだけならば、一度、そういう経験をするのも大事なことだと思います。そのとき、「何で言ってくれないの!」と文句を言ってきたらそこで、「じゃあ、どういうときに言えばいいかな?」と声をかけて、話し合う。
 そういうことの繰り返しで、適度な距離ができて、親子ともにイライラすることも減ってくるのではないかと思います。

 もう1つ考えられるのは、保育園、幼稚園でのストレスを親にぶつけている場合です。
 敏感な子は、集団生活の中で、特に気を遣い、そのストレスを家で親にぶつけてくる場合があります。
 親の側が、そんなに口出ししていないのに、反抗がひどい場合は、保育園で何かストレスになっていることがないかと考えて、本人に聞いてみる。
「最近、ちょっとイライラしているみたいだけど、何かあったの? 保育園で嫌なこととかない?」と聞いてみる。
 担任の先生に連絡を取って、園での様子を聞いてみて、もしストレスになっていることがあったら、それを軽減する対策を採ってもらうことも1つの方法です。
 園では、しっかり者で、先生からも当てにされて、過重な役割を引き受けていたり、対応が難しいお子さんの世話をしていたり、子どもも、いろいろと大変なことがあるのです。

 いずれにせよ、5歳になったといっても、まだまだ子どもです。口は達者でも、できないこともたくさんありますし、不安なこともたくさんあります。
 まだまだ甘えたい、それでも今さら甘えられない、子どもなりのプライドが邪魔して、よけいにつんけんしているのかもしれません。
 時には、ぎゅっと抱きしめたり、1対1の時間を作ったり、しっかり甘える時間をとると、少し素直になることもあります。

 親も、同じレベルでバトルするのでなく(笑)、「どうしてこんなにカリカリしてるのかな」と、一歩引いて考えてみることも必要かもしれませんね。


明橋大二先生のプロフィール
────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
毎日たくさんの患者さんの「心のケア」にあ
たる一方、スクールカウンセラーとして学校
の先生や子どもたちの相談を受けたり、全国
各地で講演を行うなど、幅広く活躍。
ホームページ http://www.akehashi.com/

 


━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ホッとにゅーす ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 お待たせしております。
 年齢別「子育てハッピーアドバイス」の第2弾、『3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス』の発売まで、あと1カ月を切りました!

 自己肯定感を育てながら、他人と上手に関わるためのしつけやルールを教えていくには? 小学校へ上がるまでの子育てで、大切なこと、ぜひ知っていてほしいことが、ぎっしり詰まっています。
「なかなか言うことを聞かない」「ついついキレてしまう(涙)」というママたちの悩みにも明橋先生が答えます。

 表紙のデザインが決まりました♪ ぜひチェックしてくださいね↓
 https://www.10000nen.com/topics/7306/?mm=a437


☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆


 メルマガの感想・ご意見は、「返信」でお寄せください。
 来週は、明橋先生の講演会情報などをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第437号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

「子育てハッピーアドバイス」
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━