シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

書籍

3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス
明橋大二 著  
太田知子 イラスト
定価 本体1,300円+税
判型 四六判
頁数 312ページ
ISBN 978-4-86626-030-3
発売日 平成29年(2017)11月末

内容紹介

シリーズ480万部の最新刊。読者の声から生まれた、待望の年齢別「子育てハッピーアドバイス」の第2弾です。

3~6歳の子育てのテーマは、他人と上手に関わるためのしつけやルールです。

そのときに大切なのは、
「自分は大切にされている」という気持ちを育てながら、しつけをする、ルールを教える
ということです。

そのためにはどうしたらいいのでしょう。
この時期のほめ方、叱り方、注意の仕方、やる気を引き出す言葉かけを、明橋大二先生が、わかりやすくアドバイスします。

 赤ちゃん返りや、登園しぶり、きょうだいげんか、反抗的で生意気、片づけができないなどの「育児の困った!」にも答えます。

イラスト紹介

     

 

目次

プロローグ 3歳を過ぎると、子どもの世界はどんどん広がっていきます
1章 子どもの心が成長していくうえで、3〜6歳はどういう時期にあるのでしょう
   ♣自己肯定感は、心の浮輪のようなもの
2章 「ありがとう」って言われるとうれしい。ほめ言葉が心の土台をすくすく育てる
3章 うれしい気持ち、つらい気持ち…… 共感することで、「自分は大切にされている」と感じる
4章 子どもの話を真剣に聞くだけで、「あなたは大切な存在だよ」と伝えることになります
   ♣自己肯定感が高い人は、うぬぼれの強い人?
5章 愛情を伝えるためには、子どもの側からの「甘え」が必要です
6章 子ども時代の甘えを、もっと大切にしましょう。甘えは人への信頼と思いやりを育む
7章 ルールを教えるときは、叱るより、ほめるほうがいい理由
  ① 子どもの心の成長にいちばん大切な、自己肯定感が育まれる
  ② 親子の信頼関係が作られる
  ③ よい習慣が身につきやすくなる
  ④ 叱りすぎると、失敗を隠し、ウソをつくように
  ⑤ 叱られる恐怖心がなくなったとき、ルールを守れなくなる
8章 よい行動は、親が身をもって示す。してほしくないことは、親もしない
  ① 「やってみせ」――まず大人がやってみせる
  ② 「説いて聞かせて」――子どもに言って聞かせる
  ③ 「やらせてみ」――子どもにやらせてみる
  ④ 「讃めてやらねば人は動かぬ」――できたらほめる
9章 子どものやる気を引き出す言葉かけ
  ① できていないところではなく、できているところを見つける
  ② やらないときは放っておく。やったとき、すかさずほめる
  ③ 他の子と比較しない。比べるなら以前のその子と
  ④ 方向づけは、プラスの言葉で
   ♣親も自分をほめましょう
10章 子どもを注意するときに大切な6つのこと
  ① 叱るときは、子どもを止めて、目を見て、短い言葉で
  ② 人格ではなく行為を叱る
  ③ いけない理由をちゃんと伝える
  ④ 「ダメ」と言うより、「してほしいこと」を伝える
  ⑤ 「あなた」メッセージではなく、「わたし」メッセージで
  ⑥ この一言を添えると、注意を受け入れやすくなります
11章 子どもは、言っても言っても同じ失敗をするものです
12章 それは本当に叱るべきこと? 子どもの成長を待ち、焦らずに伝えていきましょう
13章 比較的叱っていいタイプの子、叱るのに注意が必要な子
14章 きょうだいの子育て 〜個性に応じた関わり方
15章 ひとりっ子は、何か問題があるのでしょうか
投稿 みんなの【子育てあるある!】
16章 育児の困った❶ 赤ちゃん返りがたいへんです
17章 育児の困った❷ 反抗的で生意気な口をきくように
18章 育児の困った❸ 登園時に離れるのがたいへん
19章 育児の困った❹ 片づけができない
20章 育児の困った❺ きょうだいげんかがひどい
21章 育児の困った❻ 乱暴な振る舞いをする
22章 育児の困った❼ 友達からいじわるされている
23章 育児の困った❽ 注意をしても、認めようとしない
24章 育児の困った❾ 子どもの相手をしていると、カッとなってキレてしまう
25章 育児の困った❿ 泣き声を聞くと、イライラする

Q&A 相談に来られる皆さんから、こういう質問を受けることがあります
Q1 子どもがウソをつくように
Q2 わがままを受け入れたら、収拾がつかなくなる?
Q3 キレない子に育てるためには、どうしたらいい?
Q4 乱暴な子には、もっと厳しくしたほうがいいのでは?
Q5 ルールを守らず、注意してもまた繰り返します
Q6 甘えが強い子は、ちゃんと自立できるのでしょうか
Q7 きょうだいを平等にほめるには?
Q8 家の外ではまったく言葉を話しません

読者の声

この本の感想をお待ちしています!

シリーズ一覧