シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

子育てハッピーアドバイス シリーズ一覧

子育てハッピーアドバイスニュース 一覧に戻る

「明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室」が配信されました【お父さんの育児観が変われば社会が変わる】
2017年10月19日

☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

  明橋大二先生の
  親子でホッとする子育て教室

              【第435号】
         平成29年10月19日発行
☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆

☆もくじ

◆コラム
 お父さんの育児観が変われば社会が変わる

◆ホッとにゅーす
 元小学校校長の本に、明橋先生の推薦文

 

━━━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜明橋先生の子育てコラム 
「輝ける子」に育つ、ちょっといい話☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 お父さんの育児観が変われば社会が変わる

               明橋 大二

 先日、地元の富山県で、お父さんのための子育て講座をする機会がありました。会場には、たくさんの新米パパがつめかけ、本当に、パパの育児が広がってきたなあと、しみじみと実感するひとときとなりました。

 お父さんの子育てのキーワードとして、私が時々取り上げるのは、
「お父さんからほめられると、子どもは、学校や社会へ出ていく自信を持つようになる」という言葉です。

 これは私自身の、不登校や引きこもりなどの臨床から生まれた発想です。
 実は、子どもの関わる社会問題と、父親の育児には密接な関係があると思っているのです。

 今までの社会というのは、日本に限らず、いわゆるタテ社会、上下関係を重んじる関係でした。社会も、企業も、学校も、家庭も。病院もです。
 もちろん、組織として、上下ができるのは必要な部分もありますが、その前提になければならないのは、確かに今は組織として、上下の関係にあるけれど、本来は、人間として平等、同じ価値を持った人間、人間として対等、ということです。
 ところが、そこを勘違いして、立場が上だから、人間としても上なんだ、おまえは下だから、人間としても下なんだ、というように思ってしまう。そこに生まれるのは、力による支配、暴力による強制、抑圧です。そして相手を力で支配しようとする、それが親子で起きたら虐待だし、夫婦で起きたら、DVだし、人種間で起きたら、奴隷制度だし、国家間で起きたら、戦争です。
 そしてそういう、タテの支配関係という価値観を担ってきたのが、主に男性だと思うのです。
 よく男性が口にするのに、「なめられちゃいかん」という言葉がありますよね。これなどは、力による支配と、それを覆される不安を象徴的に表していると思うのです。

 ところが、そのように力によって抑圧された人間は、不満を持ちます。激しい暴力で抑圧された人ほど、強い恨みを持ちます。そういう人が、逆に力を手にすると、今度は自分が徹底的に相手を力で支配しようとします。それが、いろんな社会問題や、事件へと発展していくのです。
 ヒットラー、サダム・フセイン、宅間守、いずれも、父親から極めて暴力的なしつけを受けてきた人といわれています。そういう大きな事件だけでなく、厳格すぎる父親から、支配的なしつけを受けて、事件を起こしたり、逆にそれによって自信を失って、引きこもってしまったり、という人は決して少なくありません。

 ですから、私は、これからの社会のキーワードは、パートナーシップだと思っています。上下の関係ではなく、パートナーである。人間としては対等、親と子、夫と妻、先生と生徒、医者と患者、企業と顧客、すべてパートナーです。
 今までのタテ社会から、そのようにヨコのつながりを大切にする社会に変わっていく必要がある、それがうまく進んでいくかどうかの鍵を握っているのが、父親だと思っています。

 父親が、昔ながらの「子どもなんか、たたきつけときゃいいんだ!」というような育児観から脱して、子どもや妻を人間として尊重できるようになる、そして、相手から学ぶ姿勢を持つようになる、そのことが、大げさにいえば、この社会を変え、どんな人も対等に物が言える世の中、力や恐怖で解決するのでなく、話し合いで解決する、生きやすい社会にしていくのではないかと思っています。

 

★明橋大二先生のプロフィール
────────────────────
昭和34年大阪府生まれ、京都大学医学部卒業。
真生会富山病院心療内科部長。
毎日たくさんの患者さんの「心のケア」にあ
たる一方、スクールカウンセラーとして学校
の先生や子どもたちの相談を受けたり、全国
各地で講演を行うなど、幅広く活躍。
ホームページ http://www.akehashi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━……‥
★・゜ ホッとにゅーす  ☆・゜
━━━━━━━━━━━━━━━……‥

 来月発売される『子どもたちの夢と幸せをつくる「絆」~福井県のある小学校校長が語ったこと』(文芸社)の帯に、明橋先生の推薦文が掲載されます。
 この本は、元小学校校長の赤星昇さんが、朝礼やPTA総会などで、児童や保護者に向けて話をされた内容がまとめられた講話集です。

 赤星さんの校長室には本棚があり、いろんな児童がその本を目当てにやってきたそうです。子どもたちに「一番よく読まれているのが『子育てハッピーアドバイス』シリーズの10冊ほどの本です」。そんなエピソードもありました。
 時には明橋先生の言葉をとおして、自己肯定感の大切さをお話しになることもあったようです。


☆・゜・*:。.・.:☆・。.:゜・*:。.,.。☆


▼バックナンバー(過去30回分のメルマガが読めます)
 http://www.happyadvice.jp/melmaga#BN

 メルマガの感想・ご意見は「返信」でお寄せください。
 来週もお楽しみに♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明橋大二先生の親子でホッとする子育て教室
              【第435号】
登録・解除はこちら
 → http://www.happyadvice.jp/melmaga

『子育てハッピーアドバイス』
シリーズサイト http://www.happyadvice.jp/

発行:株式会社1万年堂出版メルマガ編集部
   https://www.10000nen.com/
   ─── 千年も万年も読みつがれる!
         そんな願いをこめて ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━