シリーズ400万部突破!マンガで楽しく、手軽に読める『子育てハッピーアドバイス』シリーズ

子育てハッピーアドバイスシリーズ

  • ホームに戻る
  • 子育てハッピーアドバイスはこんなシリーズです
  • 読者の広場Q&A質問コーナー
  • 著者の紹介
  • ニュース
  • レビュー

子育てパパ・ママに贈る 今日の一言

書籍

子育てハッピーアドバイス
知っててよかった 小児科の巻
吉崎達郎/明橋大二 著  
太田知子 イラスト
定価 本体 933円+税
判型 四六判
頁数 208ページ
ISBN 978-4-925253-35-2
発売日 2009年5月21日
発行部数 36万部

ご購入はお近くの書店まで。
下記ネット書店でもご購入いただけます。

オンライン書店で購入
  • 思いやりブックス
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • セブンネット
  • ブックサービス

電子書籍でもお読みいただけます。

こちらをクリック
  • iPhone/iPad用アプリ

内容紹介

子どもが高い熱を出すと、「頭がおかしくなっちゃうかも」「今すぐ病院に行った方がいいのかな……」と、不安がいっぱい出てきます。
でも、あわてないで!

発熱は、ワルモノではありません。
熱を始め、セキや鼻水、下痢や嘔吐は、体の防衛反応なのです。

症状別の対処法やホームケア、応急手当などを、マンガとイラストで楽しく解説。
子どもの病気のほか、遊び食べ、おっぱい、おねしょなどの悩みにも答えています。

「これだけのことを親御さんが知っていてくれるとありがたい、という内容が網羅されている」
と、小児科のお医者さんや看護師さんからも支持されています。

発刊によせて、吉崎先生と明橋先生にインタビュー

イラスト紹介

  

 

  赤ちゃんは眠いと、なぜグズる?▼

                

目次

知っててよかった
風邪を引くたびに子どもは強くなる
発熱はワルモノじゃない!
セキや鼻水、嘔吐や下痢も体の防衛反応
病気を治しているのは、クスリ?
子どもはスゴイ回復力を持っている
病気の見通しを知り、安心して子どものケアを
ホームケアのキーワードは、「水」

 

【コラム】ヒトは水でできている

 

症状別 発熱 発熱は、ウイルスや細菌と闘っている証拠

熱が出ても、あわてないで
子どもは40度を超えることがあります
急いで受診すべきか迷ったときは……
解熱剤で病気は治りません
急に熱が出たときに起こすけいれん
風邪のとき、お風呂に入れていいって、本当?
ホームケア

 

 症状別 セキ セキは、肺を守る番人

セキには「加湿・保温・水分補給」
セキが止まらない代表的な理由
7日以上続くセキは受診を
ゼェゼェが出やすいのは、ぜんそく?
ホームケア

 

症状別 鼻水 鼻水で、細菌もホコリもシャットアウト!

鼻は「加湿機能つき空気清浄機」

 

 症状別 嘔吐 吐くのは、おなかに有害物が入ったサイン

「吐く」原因で、多いのは「おなかの風邪」
ミルクを大量に吐くことがあります
吐き始めは何も「飲ませない」
「点滴ですぐに元気になった」は、本当?
ちょっと待って「吐きけ止めの座薬」
ホームケア

 

 症状別 下痢 おなかから敵を追い出す!

ビックリ! 下痢の正体は?
下痢止め薬と整腸剤は違うの?
下痢でもふつうに食べさせて大丈夫?
こんなのが脱水症状
★【コラム】「人間は体の中に海を持っている」
“腎臓くん”は計算博士
ホームケア

 

Dr.明橋からのメッセージ
「子どもは病気にかかるもの、決してお母さんのせいではありません」

 

親と子のほのぼのエピソード

 

ウンチの悩み

人生いろいろ、ウンチもいろいろ
色・形・回数には、あまりとらわれなくていいんです
生まれてからのウンチの変化
意外と多い、お通じの悩み
ホームケア

 

お肌のトラブル
赤ちゃんのおはだは、デリケート  
 だから、水とアブラで守ってください
水とアブラのいい関係
トラブルにはまらないためには?
赤ちゃんは、大人より1枚薄着が快適
お肌の成長に合わせたスキンケア
湿疹が心配なときの離乳食
風邪なのに赤いブツブツ、何か別の病気?
正しいアトピー性皮膚炎のケア

  

トイレ・おねしょ
おむつ卒業の日まで あわてず、ほめながら気長にいきましょう
「おむつ外し」ではなく、「おむつ外れ」
トイレでできるまでの「5ステップ」
おねしょとは「つきあい」が大事

 

Dr.明橋の相談室

・赤ちゃんは眠いと、なぜグズる
・ おっぱいは、いつまで?
 ・「遊び食べ」は、どうすればいい?
 ・「好き嫌い」を直すには

 

Q&A

早く診てもらえば、早く治るのでしょうか?
クリニックよりも、大きな病院に行ったほうが早く治るように思うのですが。
「風邪のとき、抗生物質はのませないほうがいい」と言うママ友達がいるのですが、本当ですか?

ミルクをたくさん飲むので太ってきました。このまま肥満になるのでは?と心配です。
うちの子は、食が細いのですが……。
キズが早く治るといわれる、“モイストヒーリング”とは何ですか?
受診したのに、病名がハッキリしなかったんですけど……。
布団を掛けても掛けても、け飛ばしてしまいます。寝冷えが心配でよく眠れません。

 

 応急手当

ママ、パパにもできる、応急手当
キズ
頭を打った
誤飲
やけど
鼻血
歯が抜けた
熱中症
けいれん
心肺蘇生法

知っ得小児科関連サイト     

読者の声

医師、看護師さんからも反響続々|投稿者:

子供の病気や症状について、分かりやすくイラストで書いてあるので、是非子供を持つ親みんなに読んでもらいたい本だと思います。
私自身が内科で時々子供を診たり、小児科医が救急室で忙しく働いているのを見たりする中で、これだけのことを親御さんが知っていてくれるとありがたいな、という内容が網羅されており、うれしくなりました。
(埼玉県 36歳・男性・医師) 
                                

自分の子供3人の子育ての中で、今までに経験していて、うんうんと大きくうなずくこと、疑問には思っていたけど、こんなにスッキリする回答はなかったな、と思うことが多かったです。
また、私は保育所内での看護師の仕事をしているので、保護者の方々へ分かりやすくアドバイスする(けっこう難しいんです)参考になりました。かなり役立ちそうです。
(岩手県 33歳・女性・看護師)
                                

私は小児科の看護師をしているので、お母様方に説明やアドバイスをする時に、もっと分かりやすい説明をできるかもと思い、この本を買いました。
内容はとても分かりやすく、お母様方にもこの本をおすすめしたい思いです。
(新潟県 35歳・女性・看護師)

2011年4月18日

出産祝いに最適な本|投稿者:和歌山県 37歳・女性・主婦

私には、3歳の息子と2歳の娘がいます。
風邪を引くたびに不安になっていた時、書店でこの本を目にし、すぐに購入しました。
絵やマンガで分かりやすく、あっという間に読み終えました。もう風邪を引いても大丈夫です。
6月に出産予定の友人にも、お祝いと一緒にプレゼントしようと思っています。

2011年4月18日

発熱のしくみがよく分かった|投稿者:大阪府 37歳・女性・主婦

8カ月の赤ちゃんがいるので、発熱などのしくみがよく分かって良かったです。
著者の先生が、保護者の気持ちを代弁して下さっているのも、うれしかったです。
そして、マンガがおもしろい!!

2011年4月18日